ここから本文です

代表負傷離脱のインテル長友、スタメン奪還ならず リーグ7戦連続のベンチスタート

Football ZONE web 10/16(日) 21:37配信

検査結果は良好も、カリアリ戦も先発落ち

 インテルの日本代表DF長友佑都は、16日の本拠地カリアリ戦でベンチスタートと発表された。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 10月のワールドカップ・アジア最終予選2連戦に向けた日本代表に招集されていた長友だったが、6日のイラク戦(2-1)は出番なしに終わった。そして翌7日の練習中に、DF槙野智章(浦和)と接触して脳震盪を起こす。11日の敵地オーストラリア戦(1-1)に帯同することなくチームを離脱してイタリアに戻り、検査の結果は良好だったもののスタメン出場とはならなかった。

 インテルは右サイドバックにDFクリスティアン・アンサルディ、左サイドバックにDFダビデ・サントンという、2日の前節ローマ戦(1-2)と同じ組み合わせでスタートする。

 長友は今季リーグ戦では8月21日の開幕キエーボ戦(0-2)にフル出場して以来、7試合連続でスタメンを奪えていない。途中出場でエジプト代表FWモハメド・サラーを封殺したローマ戦に続き、チャンスを掴めるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/16(日) 21:37

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。