ここから本文です

「苦い」「渋い」はもう古い! チョコレート界の新たなブーム「ハイカカオ」の魅力

ダ・ヴィンチニュース 10/16(日) 15:00配信

 ひそかなブームとなっているハイカカオチョコレート(ハイカカオ)を特集した、『Hanako特別編集 ハイカカオBOOK』が2016年10月11日(火)に発売された。

 「ハイカカオ」と聞くと、以前は健康志向の高い人たちが“苦い”“渋い”“薬っぽい”とチョコレートを我慢して食べているという印象が強かったが、カカオ豆の選別から成型までを一貫して行った「Bean to Bar」と呼ばれるチョコレートが人気を集めているように、ハイカカオは、美容や健康のためだけではく、カカオ豆の素材そのものを味わうことのできるおいしい嗜好品として注目されている。

 その形は、板チョコだけにとどまらず、ケーキやかき氷、ペイストリーなどさまざまで、シーンに合わせて産地の異なるハイカカオを食べ分けるようになってきた。

 今や、ハイカカオはBean to Barや有名パティシエのチョコレート専門店だけでなく、大手国内メーカーからもこだわりの商品が多数発売されており、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで誰でも手軽に、そして安価に購入できるようになっている。

 同書では、人気沸騰の国内のハイカカオ事情を徹底取材。さらには、海外のハイカカオ事情をレポート。ニューヨーク・パリ・ロンドン・バルセロナのハイカカオ事情についても紹介。奥深いハイカカオの魅力を、丁寧にまとめたハイカカオBOOK。愛好家はもちろんのこと、チョコレート好きなら誰もが楽しく読める1冊となっている。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:10/16(日) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。