ここから本文です

夢の実現に向けて「一歩踏み出す」ために知っておきたいこと

Forbes JAPAN 10/16(日) 19:00配信

あまりに多くの人が、ずっと夢見ていることがあるにもかかわらず、その実現に向けた行動を起こしていない。それにはそれなりの理由はある。まだきちんと形になっていないとか、資金が不足しているとか。



だがそろそろ、夢の実現のために時間をつくるべきだ。あなたがやらなければ、ほかに誰がやってくれるというのか。行動を始めない理由は、いつだってあるものだ。成し遂げたい夢についてあれこれ考えてみると、やるべきことに圧倒されて溺れそうになることもある。

だが夢を実現するには、浅瀬に足を踏み入れるだけでは駄目だ。ここでは、夢の実現に向かって行動を始めるための、5つのヒントを紹介する。

1. 具体的な計画を立てる

「夢を現実にするのは魔法ではない。汗と決意、そして懸命な努力だ」というコリン・パウエル米元国務長官の言葉は、この上なく正しい。

夢のプロジェクトを始動させるには、夢見ることをやめなければならない。概念の世界から飛び出して現実的な目標を立て、それを達成するまでにやるべきことを具体的に計画するのだ。大変な作業かもしれないが、夢から抜け出すことが最初の一歩だ。

2. 期限を設定し、守る

目標だけでなく、それを達成するための現実的な期限を設定することも重要だ。学校の課題のように、締め切りがあると時間の管理ができる。「できた時が終わる時」と思っていては、永遠にできないのだ。

筆者が好きなのは、自分にご褒美をあげるやり方である。夢があまりに遠く思えてやる気が起きない時、期限までに目標を達成できたら自分にご褒美をあげるのだ。それでもうまくいかない場合は(マサチューセッツ工科大の研究者たちによれば)、配偶者や友人、信頼できるメンターなどの第三者に期限を決めてもらうといい。つまり結局のところ……

3. 一人ではできない

マイケル・ジョーダン曰く「試合に勝つために必要なのは才能だが、決勝戦に勝つために必要なのはチームワークと知性だ」という。

いくら優秀でも、全力で取り組んでも、それだけでは足りない。自分を助けてくれる人々のネットワークが必要だ。自分一人で取り組んでいるプロジェクトには限界がある。視野を広げて、その先を見ることは重要だ。

1/2ページ

最終更新:10/16(日) 19:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。