ここから本文です

疫病を避けるように遠ざけたい「有害な人」5タイプ

Forbes JAPAN 10/16(日) 18:00配信

有害なタイプの人間は、論理に基づく思考を否定する。こうした人の中には、自分が周囲に及ぼしている悪影響に全く気付かずのほほんとしている人も、混乱を引き起こして満足気な人も、故意に相手を怒らせたりする人もいる。



さまざまなタイプの人たちにどう対応すべきか学ぶのは、大切なことだ。だが、本当に有害な人たちには、時間もエネルギーも費やす価値はない(ただ、こうした有害なタイプはあなたからどちらも大量に奪っていく)。彼らは不要に物事を複雑にし、衝突を招く。最悪なのは、あなたのストレスの原因になることだ。

「今現在のあなたは、一緒に過ごすことが最も多い5人からできている」とよく言われる。もしその5人の中にたとえ1人でも有害な人が入ってくれば、あなたはその人がどれほどあなたの足を引っ張ることに長けているか、すぐに気付くだろう。

以下に紹介する5タイプの人たちは、あなたが何としても距離を置いておくべき有害な「消耗させる人」たちだ。

不公平な人

人間関係の基礎は、相互に利益をもたらすということだ。自然に「ギブ・アンド・テイク」の関係が成立している。職場では、上司と部下、同僚同士の関係がこうした人間関係に該当する。

その関係が有害なものになるのは、一方が不当に与えてばかりの状態になったときや、受け取ることばかりを望むようになったときだ。可能であれば、そうなった相手とは距離を置き、与えるのをやめることが最善の策だ。

受動攻撃型の人

最も多い受動攻撃の一つは、全くと言っていいほどに努力をしなくなることだ。職場では、受動攻撃は死活問題だ。前進し続けるためには、意見や考えを述べ合うことが必要だからだ。

こうしたタイプの人たちは神経質で、対立を避けようとする傾向がある。そのため、何らかの話題などを持ち出すときには可能な限り、建設的かつ平和的に、そうする必要がある。

許さず、信用しない人

仕事上のミスは避けられないものだが、中には他人のミスにあまりにも固執する人たちがいる。まるで、自分自身は決して間違いを犯さないと確信しているかのようだ。

1/2ページ

最終更新:10/16(日) 18:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。