ここから本文です

【浦和】興梠慎三が感じた成長。そしてハーフタイムにかけた言葉とは

SOCCER DIGEST Web 10/16(日) 7:00配信

前半だけ見れば、また優勝はG大阪なのか、と思わざるを得なかった。

[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 
 ルヴァンカップ決勝戦、浦和がPK戦の末にG大阪を破り、ペトロヴィッチ体制で初のタイトルを獲得した。

【ルヴァン杯決勝・採点&寸評】G大阪×浦和|ついにPKを止めた西川がMOM。浦和は関根、李、柏木など全体的に、G大阪も2ボランチを評価



 今年で在籍4年目となる興梠慎三も、現チームでの初タイトルに、「今までタイトルを取れるところで取れなかった。そういう悔しさを考えたら、やっぱりこのタイトルはすごく嬉しかった」と試合後、笑顔をこぼした。
 
 一方で、試合内容については「なかなか自分のプレーができなかった。選手交代3枠をすべて使って、自分が全部出ないといけないという状況で、両足攣っちゃって、全然動けなかった」と反省も述べる。
 
 興梠は、「やっぱり(G大阪のディフェンスは)うまかったですね。うまく守られたなという感じはします。寄せが早かった」と言うように、前半は孤立気味で脅威となれなかった。
 
 チーム自体も、前半は切り替えが遅いことで攻守にメリハリがなく、なかなかリズムを作れなかった。今まで何度も優勝を逃してきたからこそ、決勝という大舞台で、〝今度こそ″と気負っているような印象を受けた。
 
 そして浦和は、17分にカウンターから、アデミウソンの独走を許し、失点。攻守のバランスが崩れ、リスクマネジメントができていないところを突かれた。
 
 1点ビハインドで前半を終えて、選手たちはロッカールームに一時引き上げる。
 
 前半だけ見れば、また優勝はG大阪なのか、と思わざるを得なかった。多くの人が、今まで何度もG大阪にタイトルの目前で阻まれてきた過去が頭をよぎったはずだ。
 
 しかし、後半が始まる時にピッチに戻ってきた浦和の選手たちは、何か憑き物が取れ、足取りが軽そうだった。
 
 その要因は、ハーフタイムにかけた興梠の言葉によるものかもしれない。

興梠のひと言は、チームが冷静さをもたらす一因になったはずだ。

 興梠は「今までの傾向だと、失点した試合では2点目を決められて、ゲームを終わらせられる展開が多かった」と過去の戦いを分析し、後半が開始する前に、ディフェンス陣に声をかける。
 
「守備でこれ以上点を入れられなければ、絶対FW陣が1点取るから、とりあえず0-1で耐えていてくれ。バランスを崩さずに、ちゃんとしっかり守ろう」
 
 興梠のひと言は、チームが冷静さをもたらす一因になったはずだ。
 
 後半、チームは重しが取れたように、軽快なパスワークから何度もチャンスを演出。守備陣も落ち着きを取り戻し、徐々に流れを引き寄せる。そして76分、柏木陽介が蹴ったCKに、交代直後の李忠成が頭で合わせ、値千金の同点ゴールを奪った。
 
 試合後、興梠はチームの成長を語るとともに、チームを称えた。
 
「結果的にチュン(李忠成)が入ってきて、(点を)取ってくれた。ディフェンス陣が耐えてくれたのはすごく良かった。そこ(先制点を奪われた時点)でズルズルいかずに点をとられなかったのは、成長した部分かなと思います。悪いなりにみんな頑張れていた」
 
 ペトロヴィッチ体制5年目。成熟度を増すチームは、いまだに成長を止めない。ルヴァンカップ優勝という経験も、大きな糧になるはずだ。
 
「殻は破れたと思います。ただ、個人的にも、決勝となると変わったことをしだしたりとか、ミシャ(ペトロヴィッチ監督)も言っていましたし、僕もそうです。もっと平常心を保ちながらやれたら良い」
  
 浦和での初戴冠は果たしたが、すでに次のタイトルを見据えている。チームとともに興梠の成長も止まらない。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

最終更新:10/16(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。