ここから本文です

【G大阪】遠藤保仁がPKを外した呉屋にエール。「この悔しさを持って成長していってほしい」

SOCCER DIGEST Web 10/16(日) 17:00配信

「自信を持って蹴って外したらしょうがない」

[ルヴァン杯決勝] G大阪1(4PK5)1 浦和/10月15日/埼玉スタジアム2002
 

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!


 ルヴァンカップ決勝戦、アデミウソンのゴールで先制したG大阪は、後半、浦和の反撃にあい同点にされる。試合は延長戦でも決着がつかず、PK戦へともつれた。
 
 ともに3人が成功して迎えた、先行側であるG大阪の4人目のキッカーは、プロ1年目の呉屋大翔。
 
 大一番で、それも4番目という重要なキッカーに名乗りを上げた呉屋だったが、そのキックはGKに止められてしまう。
 
  結局、チームは5人全員が決めた浦和に、敗戦を喫し、優勝を逃した。
 
 しかし、キャプテンの遠藤は、「良い経験というより、本来であれば、PKを外す経験はしない方が良い。でも自信を持って蹴って外したらしょうがない」と、呉屋を責めることはしなかった。
 
 さらに、「PKは時の運とか言いますけど、サイドに思い切り蹴れば、大概のGKは取れないですから」と持論を展開した後、勇気あるルーキーへの期待を口にした。
 
「こういう大舞台でPKを外すというのは僕も経験しています。悔しい想いもあると思いますし、チームに迷惑かけたっていう想いもあると思いますけど、その前に決着付けられなかった僕らも悪いので、一概に彼を全部責めることはできない。この悔しさをバネに成長していってほしいなと思います」
 
 経験豊富なベテランだからこそ、そのバネの“力”も知っている。遠藤は呉屋の成長を願い、再びリベンジに燃えている。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

最終更新:10/16(日) 17:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ