ここから本文です

知らないと損! 使える5つの「経営学用語」

東洋経済オンライン 10/16(日) 10:00配信

「イノベーターのジレンマ」「ファイブ・フォース・モデル」「パレートの法則」……。このような経営学用語をどこかで聞いたことがあるかもしません。しかし、きちんと理解し、ビジネスで活かしている人は少数派ではないでしょうか。『大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる』の著者であり、20年以上、東京大学で経営学を教えている高橋伸夫氏に、会社員も知っておくべき経営学用語を5つ厳選してもらいました。 

 経営学は単なる金儲けの術ではありません。企業社会の中で活躍し、よきビジネスパーソンとして生きていくためのヒントに満ちた学問です。

 企業社会では、勝手な思い込みや間違った知識に基づいて、深く考えもせずに安易に判断し行動してしまったがために、ビジネスとして成功しないばかりか、他の人を深く傷つけ不幸にしてしまうこともあります。

 経営幹部だけでなく、企業に勤める会社員にとっても「経営学」の最低限の知識を理解しておくことは重要なことです。ここでは、知っておくと役に立つ、経営学用語を5つ紹介します。

■知っておきたい! 「経営学用語」5選

①イノベーターのジレンマ
 イノベーション(技術革新)に熱心で、市場ニーズにも敏感な、とある分野のリーダー企業が、当初「オモチャ」のように思えたその分野における新製品をひっさげた新興企業に、ある日突然、取って代わられてしまうことを言います。

 後の自動車王ヘンリー・フォードは、まだガソリン・エンジンで走る自動車がほとんどなかったころに、自ら自動車を作って乗りまわし、時にはレーサーとして自動車レースで活躍するような生活を送っていました。

 ドイツにもフォードと同じようなことをしていた人物がいます。カール・ベンツです。ベンツも自ら作ったガソリン自動車を乗りまわしていました。

 興味深いことに、2人とも自叙伝で同じようなことを書いています。それは、周囲の人間が彼らの自動車を「オモチャ」だと馬鹿にしていたというのです。しかし、そのオモチャがどんどん性能を向上させ、やがては既存の製品(=馬車)を駆逐する存在となりました。

1/4ページ

最終更新:10/16(日) 10:00

東洋経済オンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。