ここから本文です

【ルマン女子が行く!WEC富士2016】予選では小林可夢偉が最速タイム! トヨタは3,4番手!!

clicccar 10/16(日) 10:23配信

s10月16日(日)いよいよWEC富士6時間耐久レース決勝の日がやってきました!



【この記事に関する関連する別の画像を見る】

決勝の前に土曜日に行われた予選を振り返ってみましょう。

午後2時半から行われた予選は激しいポールポジション争いが繰り広げられ、アウディ8号車が熾烈なタイムアタックを勝ち抜き、ポールポジションを獲得しました。フロントローに並ぶのは、ポルシェ1号車。マーク・ウェーバー選手が1分23秒525を叩き出し2位に浮上しました。



そしてトヨタは5号車が3番手、6号車が4番手につける健闘を見せ2列目からトップの座を狙います。5号車のタイムはポールポジションを取った8号車アウディから、僅か0秒169遅れと地元のファンの前で素晴らしい走りを見せてくれました!

予選後、中嶋一貴選手と小林可夢偉選手からコメントが届きましたよ。

「予想以上の素晴らしい予選で、今季初めてポールポジション争いが出来ました。今日の結果にはとても満足しています。決勝レースへ向けて更なるセットアップの改良を進め、日本のファンの皆様の素晴らしい応援に報いることが出来ればと思っています。」(中嶋選手)



「今朝の公式練習走行では若干車両に不安定さがあり、少々苦戦しましたが、その後チームが素晴らしい仕事で改良を進めてくれたおかげで、予選では全体のベストタイムをマークすることが出来ました。残念ながらポールポジションには僅かに届きませんでしたが、4番手は悪くない結果ですし、我々はいつも最も重要な決勝レースで予選以上の強さを見せていますので、決勝が楽しみです。」(小林選手)



WECの予選はドライバーのベストタイムの平均でグリッドが決定されるのですが、小林可夢偉選手(トヨタ6号車)は僅か1周のアタックで全車中のベストタイムとなった1分23秒239をマーク! ステファン・サラザン選手に交替し、コース状況の改善で更なるタイム向上を狙ったものの、残念ながらポールポジションの夢は果たせませんでした。

でも、全車中のベストタイムが出るのは、マシンが速い証拠です! 決勝でも大いに期待できそうですね。

予選結果は以下の通り(LMP1-Hクラス)

順位/No./チーム/車名/平均タイム
1/#8/アウディ スポーツ チームヨースト/Audi R18/1:23.570
2/#1/ポルシェチーム/Porsche 919 Hybrid/1:23.595
3/#5/Toyota Gazoo Racing/Toyota TS050-Hybrid/1:23.739
4/#6/Toyota Gazoo Racing/Toyota TS050-Hybrid/1:23.781
5/#7/アウディ スポーツ チームヨースト/Audi R18/1:23.856
6/#2/ポルシェチーム/Porsche 919 Hybrid/1:24.134

決勝が行われる朝、ピットウォーク&サイン会が行われました。8時からスタートだというのに、ピットレーンにはた人がたくさんいてびっくり! マシンの写真を取ったり、サイン会の列に並んだり、思い思いに楽しんでいました。



トヨタのガレージの前にはたくさんの人がサインを貰おうと列に並んでいました。ドライバーと一緒に写真を撮っている人もいて、気軽にドライバーと触れ合えるのもWECの魅力ですよね。



ピットレーンの端に長蛇の列を発見しました。どのチームよりもだんとつで長い・・・。一体どのチームなんだろうと思って見に行くと、ポルシェ1号車でした。そう、今季で引退を発表したマーク・ウェバー選手からサインを貰おうと、たくさんのファンの方が詰めかけていました。



私もなんとか写真を撮ろうと思ったのですが、人が多くて姿を見る事もできませんでした(涙)。見れたかた、羨ましいー!!



サイン会の他にも、ランダムに選ばれたファンの方へ場内レポーターが問題を出し、正解すると決勝前のグリッドウォーク券をプレゼント! なんていう楽しいイベントもやっていました。



決勝のグリッドに立つ、グリッドガールのキレイなお姉さん達。袴姿が日本らしくて素敵ですね。イケメンのお兄さんもいましたが、グリッドボーイ?でしょうか。珍しい!



レース前にも、楽しいことが待っているWEC富士。朝早くからサーキットに来ると良いことがありますね!

(写真・松永和浩、clicccar編集長小林和久/文・yuri)

最終更新:10/16(日) 10:23

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。