ここから本文です

独りですが何か:サヨナラ大好きな人。あの指輪を見るたびに思い出す、婚約破棄という地獄

東京カレンダー 10/16(日) 5:20配信

世の中には「女は30歳までに結婚しろ」「男性が40歳過ぎて未婚・バツなしだと何かあると疑え」という、シングル・バッシングがまかり通っている。

【この記事の全ての写真】

その呪縛に囚われたように焦る人も多いが、果たしてそれは本当に正しいのだろうか?

そんな、あえて“結婚しない”人たちの事情に迫る。

これまでに、仕事が楽しくて結婚しない美奈子、 アラサー女子と付き合うのは重いと言われた紗江、結婚したら鬼嫁に豹変する女性に怯える伸夫、弱男強女の時代の産物・奈々絵などを追った。

今週は?

<今週のお独り様>

名前:真美
年齢:30歳
職業:フラワーアレンジメント講師
ステータス:彼氏なし
理想の男性:優しくて毎日アイラブユーを言ってくれる人

ただのマリッジ・ブルー?それとも相手が違ってた?

真美の婚約破棄事件は巷で有名である。

3年間付き合っていた啓介との出会いは友達の紹介だった。優しくて、スマートで帰国子女、英語も堪能。外資系金融に勤め、年収は3,000万円越え。長年やっているテニスのお陰か、細マッチョでスタイルも良し。買い物に行ったら花を買ってくれるような、本当に完璧な男性だった。

付き合っている時から喧嘩も多かったが、啓介のニューヨーク本社勤務が決定したことがキッカケとなり、29歳の時にプロポーズされた。

まるで映画のようなプロポーズは、今でも真美の周りの友達の間で“伝説”となっているほど有名な話だ。ナイトクルージングに連れて行かれ、花火が上がったと同時にふと横を見ると、ハリーウィンストンの指輪と100本の真っ赤な薔薇の花束。そして膝まずいてプロポーズ。

テレビのドッキリ企画かと思う位、女性なら誰もが夢見るような最高のプロポーズだった。

濃紺の両開きのリング箱に君臨していた、1.5カラットもある大きなダイヤが付いたハリーウィンストンの指輪。あまりにもダイヤが眩し過ぎて、感動して涙で前が見えなくなったのを今でも覚えている。


しかし、前が見えなくなったのは涙のせいだけではなかった。二人の将来も、見えなくなった。

1/3ページ

最終更新:10/16(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。