ここから本文です

食べられる花束を手土産に さまざまなシーンに対応するフルーツブーケ

オーヴォ 10/17(月) 7:00配信

 カラフルでかわいらしいブーケを作り上げているのは、ひと口大にカットしたフルーツやチョコレート。プレジール(東京)は、果物をお花に見立てた「フルーツブーケ」の専門店「fruit bouquet」の全国展開を、10月20日にスタートする。これまでは地域限定で配送していたが、今回は本州での配送からスタートし、九州、北海道、沖縄、四国へと準備ができ次第、広げていく。アメリカ発祥のパーティーギフトで、世界では1,200店舗以上展開される注目のサービス。果汁たっぷりの旬のフルーツをアートのように美しく盛りつけたゴージャスでカラフル、そしておいしいギフトだ。

 「食べやすさ」、「華やかさ」、「美味しさ」にとことんこだわり、フルーツは口を大きく開けずに食べられる大きさにカットし、皮のあるフルーツは切り込みや飾り切りで食べやすくした。皮のアレンジや丸くくり抜いたフルーツ、チョコレートのコーティングなどで、かわいらしい雰囲気からシックな雰囲気まで対応。フルーツの盛り付けデザインは、帝国ホテルなどで活躍するフラワーアレンジメントデザイナーが監修、チョコレートアレンジは、洋菓子界で日本最大の大会、ジャパンケーキショーで金賞を受賞した一流のパティシエが腕を振るっている。寒天コーティングで乾燥の心配もない。6,000円台のブーケから、10人以上のパーティー向けアレンジまで幅広く対応する。パーティーの増える秋冬シーズンのテーブルを、華やかに演出してくれそうだ。

最終更新:10/17(月) 7:00

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。