ここから本文です

iPhone 7かGalaxyか 最強スマホ頂上対決(戸田覚のPC進化論)

NIKKEI STYLE 10/17(月) 7:47配信

 ついに「iPhone 7」が発売された。最大のトピックはSuicaへの対応だろう。これまで「おサイフケータイが使えないからiPhoneは買わない」という声を繰り返し聞いてきただけに、感慨深いものがある。Androidユーザーにとっても気になる進化と言えるのではないだろうか。

 ということで、今回はAndroid端末の代表格「Galaxy S7 edge」とどちらが魅力的なのか、独断と偏見で比べてみることにした。iPhoneは、Galaxy S7 edgeと同じ5.5型液晶のiPhone 7 Plusが対象だ。

 iPhone 6が登場したころ、つまり2年ほど前の5.5型は非常に大きく感じたが、最近は多くのスマホが5型以上になっており、5.5型でもそれほど大きいとは思わなくなってきた。

 ドコモのオンラインショップで一括購入の場合の価格は、Galaxy S7 edgeが9万3960円、iPhone 7 Plus(32GB)も同様に調べると9万6552円とほぼ引き分けだ。ただ実際は、キャリアによる値引きの有無など、条件の違いがある。

 ここで本体サイズを比較してみよう。Galaxy S7 edgeは151×73×7.7mmで、重量は158g、iPhone 7 Plusは158.2×77.9×7.3mmで、188gとなっている。下の写真を見ても分かるようにサイズはかなり違う。

 iPhone 7 Plusは薄いけれども、本体が大きすぎる印象だ。またGalaxy S7 edgeがスリムに見えるのは、液晶の脇がアールを描いて湾曲しているためで、表示面積では有利になる。しかし、正面から見たときの画面サイズが5.5型といえるかどうか。僕は、実質的には5.5型とはちょっと違うと思う。

 本体の完成度はどちらも文句なしで、細部までよくできている。デザインは好み次第だろう。僕としてはシンプルな美しさという意味ではiPhone 7 Plusに軍配を上げたい。Galaxyシリーズのデザインもずいぶん良くなってきたが、まだ少しだけごちゃごちゃとしていると感じるのだ。

1/3ページ

最終更新:10/17(月) 7:47

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。