ここから本文です

等身大のディーン・フジオカとツーショット! 癒やしのフォトブースが東京メトロ新宿駅に登場

エンタメOVO 10/17(月) 16:57配信

 ライオンは、先月28日に発売した新商品「hadakara ボディソープ」の“吸着保湿テクノロジー”を伝えるため、この商品のCMにも出演する人気俳優ディーン・フジオカの等身大パネルと一緒に2ショットのようなアングルで撮影できる「hadakaraツーショットフォトブース」を、10月17日から期間限定で、東京メトロ新宿駅メトロプロムナードに設置する。

 新商品の発売に合わせてオンエアが開始された2篇の新CMでは、ディーン・フジオカと女優の中谷美紀がそれぞれ出演し、「保湿成分が洗い流されない」という商品の特徴を伝える内容となっている。

 新CMの発表会で自分なりの「流されない」宣言を行ったディーンは、「僕は音楽を作っていますが、やはり音楽ってトレンドがある。ついつい流されそうになるけど、やっぱり自分のスタイルに忠実で、アイデンティティーに正直にありたいなと自分に言い聞かせながら活動をしています」と説明。音楽活動についてはまだあまり知られていないが、彼自身が作詞作曲しプロデュースした初のアルバム「Cycle」が今年4月に発売されている。

 この「ツーショットフォトブース」は、等身大のディーン・フジオカと手をつないでいる写真やソファで一緒に座っている写真が撮れるよう、いくつものシチュエーションが用意されていて、学校帰りや仕事帰りに心をうるおす癒やしの空間になっている。設置期間は10月17日~30日の毎日朝6時から夜11時まで。

最終更新:10/17(月) 16:57

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。