ここから本文です

松岡昌宏、女装姿に「嵐が騒いでます」 “待ち受け画面”にする大野&相葉に「止めなさい」

エンタメOVO 10/17(月) 17:13配信

 ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見が17日、東京都内で行われ、出演者の松岡昌宏(TOKIO)、清水富美加、柴本幸ほかが登場した。

 本作は、松岡が男性家政婦=“家政夫”の三田園に扮(ふん)し、人の家庭を壊して再生する痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。松岡はブラウスとスカートを着用し、メークをして眼鏡を掛けた女装姿で登場した。

 松岡は自身の役どころについて「女装をしていまして、三田園に関わった家はことごとくぶち壊されていくという話で、ぶち壊す本人となっています。突拍子のないドラマをやってみたいと思っていたので、やっと来たかっていうガッツポーズを心の中でしながら、作品に臨んでいます」と語った。

 自身の女装姿については「よくバラエティー番組の罰ゲームの中に女装はあったんですけど、本格的にメークをしてってことはなかったんですよ。とりあえず、びっくりしたのは鏡の中にうちの母親がいたことです。やっぱり自分を生んだ親なんだなって再認識しました」と、女装姿が自分の母親にそっくりであることを明かした。

 「TOKIOのメンバーからコメントはあった?」との質問には、「長瀬(智也)は主題歌を考えてくれたので、『楽しみだなあ』って言ってるのは聞きました。あとは嵐が騒いでます。大野(智)、相葉(雅紀)あたりは『写真を送ってくれ』みたいなことになってて、『待ち受けにしてる』って言うから『止めとけ』って言ったんですけど。ちょっと(嵐が)ちゃかついてます」とエピソードを披露し、会場の笑いを誘った。

 「女装したことで異変はあった?」と振られると、「不思議とトイレは座ってやるようになりました。やっぱりスカートが邪魔なんですよ」と告白した。

 三田園の家政婦仲間を演じる清水は、松岡の女装姿について「目鼻立ちがはっきりしていて、すごくおきれいで。足も私よりも細くて、嫉妬心を燃やしてます。女優として見ちゃうんですよ」とライバル心を吐露すると、松岡は「撮影初日に、富美加ちゃんにいきなり胸をわしづかみにされました」と暴露し、笑いを誘った。

 ドラマは、テレビ朝日系列で21日から毎週金曜日午後11時15分から放送。

最終更新:10/17(月) 19:07

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

なぜ今? 首相主導の働き方改革