ここから本文です

1クラスに5組の双子 先生、大変~

オーヴォ 10/17(月) 11:21配信

 双子も大人になると、それぞれ成長した個性で見分けることができるが、幼稚園だとなかなか大変そうだ。フランス中部のオーベルニュにある幼稚園で、同じクラスに5組の双子が入学してくるという珍しい事態が話題になっている。

 フランスでは、9月が新入学の季節。地元紙のル・プログレやラ・モンターニュなどによると、人口約1100人の小さなラヴォー・サンタンヌという地域の幼稚園で、この秋、2~3歳の5組10人の双子が入園。クラスの半数が双子という状態になっている。このクラスの担任、ミッシェル・カノバ先生は、34年のキャリアがあるベテラン先生だが、「初めてのこと」と驚いている。もちろん、一番大変なのは子供たちを「見分けること」。

 今回のケースでは、二組がいわゆる「二卵性」で、男の子と女の子のペアだから、彼らはあまり問題がない。「正直に言うと、一番小さいガブリエルとラファエルは、まだ間違うの。でも一人にはほくろがあって、もう一人にはないのが幸い…」とカノバ先生。同紙によると、フランスでは1980年代から双子の数が少しずつ増えているのだという。

最終更新:10/17(月) 11:21

オーヴォ

なぜ今? 首相主導の働き方改革