ここから本文です

90年代「月9」ドラマ…「続編映画化」希望TOP10

R25 10/17(月) 7:02配信

2014年の7月期に放送され話題になったドラマ『昼顔』(フジテレビ系)。このほど、2017年夏に映画化されることが決定し、ドラマの結末から3年後が描かれることが発表された。ドラマを映画化する例は多いが、続編の場合、最終回のその後の展開が観られるのが楽しみの一つ。それが、高視聴率ドラマを連発した月9(フジテレビ月曜21時)枠だったらなおさら興味がわくだろう。

そこで、20~30代の男性会社員200人に、「1990年代の月9ドラマで、最終回から数年後の様子をぜひ映画化してほしいと思うドラマ」についてアンケート調査をした。平均視聴率が20%を超えた人気ドラマから選んでもらったところTOP10は以下のように!

●「数年後の展開が観たい」90年代月9ドラマTOP10
(17の項目から1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptに換算して計算。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 『101回目のプロポーズ』(1991年7月期) 148pt
2位 『ロングバケーション』(1996年4月期) 146pt
3位 『ひとつ屋根の下』(1993年4月期) 142pt
4位 『東京ラブストーリー』(1991年1月期) 136pt
5位 『ビーチボーイズ』(1997年7月期) 92pt
6位 『ラブジェネレーション』(1997年10月期) 71pt
7位 『あすなろ白書』(1993年10月期) 56pt
8位 『素顔のままで』(1992年4月期) 27pt
9位 『いつかまた逢える』(1995年7月期) 20pt
10位 『世界で一番君が好き!』(1990年1月期) 18pt

番外
11位 『妹よ』(1994年10月期) 15pt

浅野温子&武田鉄矢のコンビで社会現象になったドラマ『101回目のプロポーズ』が第1位。その後の2人がどうなっているのか気になる…毎週月曜を楽しみに待った人ならその感覚もわかるはず。2位は、木村拓哉&山口智子の高視聴率ドラマ『ロングバケーション』。2人の関係や瀬名(木村)はピアニストとしてどうなっているのかファンならずとも気になるだろう。3位は『ひとつ屋根の下』。続編として『ひとつ屋根の下2』があるので、厳密には“2”のその後ということになろうが、柏木家の面々にまた会いたいと思う人は多いようだ。以下、それぞれのドラマについて熱い思いを聞いた。

【1位 『101回目のプロポーズ』出演:浅野温子、武田鉄矢】
「主人公の二人がどういう関係を築いているか気になるから」(27歳)
「武田鉄矢(達郎)がどうなったが気になる」(33歳)
「今の時代にも通用するようなとても純愛なとこがウケると思う」(37歳)
「当時は感動的なドラマだったが今放送されたらストーカーとか言われて批判されるかどうか、なんとなく興味があるから」(36歳)

【2位 『ロングバケーション』出演:木村拓哉、山口智子】
「話題沸騰したドラマなので、過去の放送分とあわせてみてみたいから」(25歳)
「内容を知らないが名作らしいので展開に興味がわく」(27歳)
「続きがあったらなと前から思っていた」(28歳)
「ロングだけに。。。。」(32歳)
「一番好きなドラマだったので、その後が気になる」(34歳)

【3位 『ひとつ屋根の下』出演:江口洋介、福山雅治】
「新しい家族の物語が始まっていそうだから」(30歳)
「子を持つ立場になった兄弟たちの姿が面白そう」(32歳)
「20年以上経った今を描いて欲しいです」(38歳)
「これは絶賛しても良い内容と思うのでぜひともしてほしい」(38歳)
「このようなホームドラマが時代とともに減少した中だからこそ、現在どのような過ごし方をしているか気になります」(39歳)

【4位 『東京ラブストーリー』出演:織田裕二、鈴木保奈美】
「現代の東京でラブストーリーを描いてほしい」(30歳)
「主人公とヒロインがその後どういう生き方をしたか知りたい」(30歳)
「マンガも続きをやったみたいなので」(36歳)
「一番映画化がなさそうだから」(38歳)
「数年後どうなっているか興味がある」(39歳)

【5位 『ビーチボーイズ』出演:反町隆史、竹野内豊】
「昔よく見ていたので。成長した人物の現在の特徴を生かしたストーリーを作ってほしい」(30歳)
「竹野内豊と反町隆史のコンビがまた見たい」(31歳)
「懐かしさが大半ですが、おもしろかった気がします」(32歳)
「その後が気になるから。懐かしい感じにしてくれると嬉しい」(33歳)

【6位 『ラブジェネレーション』出演:木村拓哉、松たか子】
「ちゃんと見たことがないので映画で見てみたいから」(26歳)
「当時木村拓哉がとても格好良かったから」(30歳)
「哲平と理子がどうなっているか」(37歳)

【7位 『あすなろ白書』出演:石田ひかり、筒井道隆】
「流行りまくっていたイメージがあるので」(31歳)
「好きだったから」(33歳)
「何となく続きを見てみたい」(36歳)

【8位 『素顔のままで』出演:安田成美、中森明菜】
「映画っぽい話だったから」(34歳)
「観たい」(37歳)

【9位『いつかまた逢える』出演:福山雅治、桜井幸子】
「題名通り再会した設定でいけそうだから」(35歳)
「最終回が最高だった」(38歳)

主人公たちのその後を知りたいというコメントはもちろん「見たことがないけど興味がある」という意見も多く、ドラマが盛り上がっていた90年代の勢いを感じさせる。今回上位に挙がったドラマの数年後が映画化されれば、共演を実現させるだけでも難しい大物俳優たちの組み合わせになる作品も多い。そんな大作の映画化に期待したい。

(小笠原敦)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/17(月) 7:02

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革