ここから本文です

裏口入学のブローカー 親から親へと紹介され首つなぐ

NEWS ポストセブン 10/17(月) 7:00配信

 9月14日、警視庁捜査二課と世田谷署の合同捜査本部は神奈川県横浜市に住む自営業の中野真紀容疑者(54才)を詐欺容疑の疑いで逮捕した。

 被害者は世田谷区在住の会社役員の女性(49才)。被害に遭った時期は2009年11月頃で、被害額は440万円。中野容疑者は、実子が都内の大学附属の私立小学校の入学試験で不合格となった被害女性に対し、“面接の枠が残っています。入学しても金銭的な迷惑をかけるようなことがないと示すためにお金が必要”などと嘘を言い、複数回にわたり被疑者らが管理する預金口座へ現金を振り込ませた。

 知人を使って教師役で電話をさせるなど計画的で悪質な犯行だった。今回の事件は裏口入学を騙った詐欺で、しかも失敗しているため公となったが、世のママ世代が衝撃を受けているのは、お受験戦争という限られた場所で、「もしや…」「やっぱり…」という思いがあるからに他ならない。

 鈴本真美子さん(仮名、41才)は中1、小5、小1の3人の息子の母。元英語学校の講師で保育園の補助のパートをしている。

「下の息子が同じ幼稚園だった男の子の話なんですけど、そこの幼稚園は小学校のお受験に全然熱心じゃなくて、マンモス園でまあ、野放し状態。でも、その子のお父さんは有名大学の教授をしていたんです。で、気づいたらその子、その大学の初等部に入ってて、“あれ、いつ勉強してたの?”っていう(苦笑)。

 日本でいちばんの難関だっていう人もいるくらいの小学校ですよ? もちろん見えないところでちゃんと勉強していたのかもしれないけど、お母さんもお受験ママっていう印象は全然なかったから、“アレ?”って思った。利発ではあったけど、あくまで普通の子供って感じでしたから…」

 今回の事件で中野容疑者と被害者は直接の知り合いではなかったという。つまり“仲介者”がいたということ。こういった裏口入学のブローカーは、10年ほど前まではお受験を取り巻く業界では知る人ぞ知る有名な存在だった。

1/3ページ

最終更新:10/17(月) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ