ここから本文です

“関ケ原の戦い”がチャンバラで現代によみがえる!

東京ウォーカー 10/17(月) 15:14配信

“天下分け目の戦い”が現代によみがえる。

10月23日(日)に岐阜県の関ヶ原陣場野公園で、参加型合戦エンターテイメント「チャンバラ合戦 -戦 IKUSA-」が開催。昔ながらのチャンバラをモチーフにし、老若男女が参加できる現代の関ケ原の戦いとなる。

【写真を見る】“天下分け目の戦い”が現代によみがえる

チャンバラ合戦は、スポンジの刀を使って相手の腕に付いたボール(命)を落とす、世界一平和な合戦。叩かれても痛くないため、4歳から80歳と幅広い年齢層が参加できる。

今回の舞台は、関ケ原。実際の関ケ原の戦いで活躍した七人の武将である徳川家康、石田三成、大谷吉継、黒田長政、福島正則、小早川秀秋、島津義弘にスポットを当て、それぞれの軍に分かれて対戦する形式となる。

対戦方法は、相手を全滅させた軍の勝利となるチーム戦と総大将を討ち取った軍の勝利となる大将戦、全員が敵の個人戦となる。

先着200名が参加できる大決戦。痛さとは無縁の、血がたぎる戦いに臨もう。 【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/17(月) 15:14

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016