ここから本文です

【MLB】前田健太、5回もたず。不甲斐ない先発陣に落胆の声「今の彼の投球は16勝投手のものではない」

ベースボールチャンネル 10/17(月) 6:50配信

またしても序盤でKO

 現地15日、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太は敵地、リグレー・フィールドでナ・リーグ優勝決定シリーズの第1戦となる、シカゴ・カブス戦に登板した。前田にとってポストシーズン2度目の登板となり、前回の雪辱を果たしたいところであった。

 しかし、前回同様、初回から不安定な立ち上がりとなった。
 初回、いきなり1番のデクスター・ファウラーに直球を中前に運ばれると、続く2番、クリス・ブライアントに2塁打を浴び、わずか2人で1点を失うこととなった。
 初回は何とか1失点で切り抜けるも、2回には6番ジェイソン・ヘイワードに三塁打を浴びると、7番のハビエル・バエスに二塁打を打たれ、1点を失う。また、暴投でバエスを3塁まで進めた後、捕手からの牽制送球の間にバエスに本盗を決められ、1点を失った。
 カブスの選手がポストシーズンで本盗を決めたことは、109年ぶりの珍事であった。
 3回、4回も四球でランナーを出したが、要所を締めて無失点に抑えた。しかし、5回の打席が回る際に代打を送られ、前田はまたも5回もたずに降板することとなった。

 前田は、4回66球3失点、2奪三振、3四球という内容だった。

 チームは、その後3点を追いつき接戦を繰り広げていたが、8回にカブスの代打、ミゲル・モンテロに代打勝ち越し満塁本塁打を許してしまい、味方の反撃も及ばず、ドジャースは優勝決定シリーズの初戦を落とすこととなった。


 降板後の前田のコメントを、「MLB.com」では以下のように報じている。

“The last two outings in the regular season I don't think too deeply into it ... especially since we clinched the season,“ said Maeda. “The reason why I haven't been doing well the last two games, it's not really because of mechanics per se, it's just I'm not executing my game plan, and that's what I have to do.“
「レギュラーシーズン最後の2登板についてはあまり深く考えていません。特にシーズンの順位が確定してからでしたので。直近の2登板がうまくいかなかったのは、投球メカニズムは関係ないと考えています。単に上手く投げられず、投げられていないことが理由だと思っています」

 同記事では上記コメントに加えて、シーズン防御率が3.48であった前田に対し、直近4試合の防御率が9.88となっていることを指摘している。
 レギュラーシーズンの成績と比べ、調子を落とし、勝ちから遠ざかっている前田であるが、短期決戦でもシーズン中のような安定感を見せたいところだ。

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 6:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。