ここから本文です

【ドラフト高校生編】本当に“BIG4”?好投手が逸材の宝庫。打者は評価が分散か

ベースボールチャンネル 10/17(月) 11:00配信

BIG4の評価とは

 今年の高校生は”投高打低”のドラフトといえるだろう。

 ただ、間違ってほしくないのは、「打が低い」というより、「投が極めて高い」という点だ。世間で騒がれている、いわゆる“高校BIG4”を中心に、今年の高校生投手は粒がそろっているということなのだ。この夏の甲子園が始まるまでは、“BIG3”だといわれていたのが甲子園が終わると呼び名が変わる。それほど、昨今の報道はあてにならず、高校生の伸び率というのは予想を超えるものだいうことだろう。今年は好投手の数がかなり多いだけに、各球団のスカウトがそれぞれをどう評価しているかは、非常に興味深い。

2016年プロ野球志望届提出者一覧(高校生)


 では、BIG4を中心に今年の候補を探っていきたい。
 BIG4とは寺島成輝(履正社)今井達也(作新学院)藤平尚真(横浜)高橋昂也(花崎徳栄)である。個人的な見解を言わせてもらえれば、ここに創志学園の高田萌生も加えてBIG5といってもいいし、寺島が抜けた存在であるようにも思える。

 寺島は大学・社会人を含めても「NO.1サウスポー」の評価だ。
 ストレートの最速は150キロを超えるものの、それだけではないのが最大の魅力だ。力感なくボールに力を伝えられるから、手元での伸びが良く、空振りが取れる。同じ腕の振りから投じられる多彩な変化球も精度が高い。さらには、マウンド上での落ち着、高校生とは思えない、思考力の高さ、深さ。上手く育成すれば、球界史上、最高のサウスポーになりえるあずだ。

 甲子園で優勝を果たした今井は、末恐ろしいスピードで成長している印象だ。甲子園までは“BIG”の中に数え上げられていなかったが、今年夏の甲子園で大化けした。ゆったりとした投球フォームからの150キロを超えるストレートとスライダーは、入団早々から使いたくなるだろう。とはいえ、心配されるのはその線の細さ。BIG4の中でももっとも体ができておらず、その中で150キロを超す技術力は素晴らしいが、その無理は、必ず、肩やひじにやってくる。「本人も体は同世代と比べても細いので、体作りを目指したい」と課題を見据えている。育成の順序を間違えてはいけない投手だ。

 藤平は185センチ83キロと体格にも恵まれ、馬力型の投手に見えるかもしれない。力強いストレートとスライダーを投げ込むパワーピッチャーだが、器用さも兼ね備えている。今年の甲子園2回戦の履正社戦では、試合前日にシンカーを覚えて、本番に使用したほどだ。今は強いストレートを投げているが、将来的にはバランスのとれた投手へのスタイル変更の可能性も見いだせる。そこを間違えて、ストレートだけに走る投手にならないようにしたい。

 高橋は、アウトコースに決まるストレートとフォークの切れがいい。彼もゆったりとしたフォームから投げ込むが、決してスピード勝負するタイプではない。「最速150キロ」に惑わされてはいけない。フォークの落差が大きいからほかの球を生かせる。おとなしい性格がやや心配される。争いが激しいチームにはいかない方が良いかもしれない。

 世間ではBIG4が抜け出ているように報道されるが、そう差があるわけではない。「実戦派」「素材系」と分けていくと、今年期待の投手はさくさんいる。

1/3ページ

最終更新:10/17(月) 11:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。