ここから本文です

このドラマを見てはいけない──「レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと」Netflixで配信決定

WIRED.jp 10/17(月) 8:20配信

Netflixオリジナルドラマシリーズ「レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと」が世界同時配信されることが決定した。

【来年最初の13日(金)スタート!予告編はこちら】

本作の原作は、アメリカで1999年に出版された「レモニー・スニケット」こと小説家ダニエル・ハンドラーによる子ども向けの小説『世にも不幸なできごと』。両親を亡くし、意地悪な遠い親戚に引き取られたボードレール家三姉妹弟の「不幸なできごと」を描く、全13巻のシリーズだ。2004年には1~3巻が『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』として映画化されている。

Netflix版の「世にも不幸なできごと」を手がけるのは、映画化作品の製作総指揮を務めたバリー・ソネンフェルド。『アダムス・ファミリー』(1991年)や「メン・イン・ブラック」シリーズの監督、コーエン兄弟の『ブラッド・シンプル』『赤ちゃん泥棒』『ミラーズ・クロッシング』で撮影監督を務めた人物だ。

「お願いだ」。この三姉妹弟の物語を語る、パトリック・ウォーバートン演じるレモニー・スニケットは予告編のなかで言う。「このドラマを見てはいけない。めくるめく残酷で不幸な物語が待っている」

配信は2017年1月13日(金)から。来年最初の13日の金曜日に、果たしてどんな不幸な物語が始まるのだろうか。

WIRED.jp_U

最終更新:10/17(月) 8:20

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。