ここから本文です

「こういうゲームをしなければならなかった」久々の快勝を喜ぶレアル・ジダン監督

フットボールチャンネル 10/17(月) 7:20配信

 リーガエスパニョーラ第8節、レアル・マドリーはベティスに6-1と大勝。久しぶりの勝利を手にした、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は「こういう試合をしなければならなかった」と述べた。15日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 公式戦4戦連続ドローという状態にピリオドを打ったジダン監督は「素晴らしい立ち上がりで、最高の前半だった。ゴールが決まれば試合がより楽になる。ハードにプレーすれば、相手はより困難になる。こういう試合をしなければならなかったのだ」と振り返る。

 そして、「我々は勝利のために要求されるインテンシティを持って戦った。弱いチームはない。難しいアウェイのピッチだったが、非常に力強くゲームに入れた。こういう戦いをすれば、相手は難しい状況になる」と続ける。

 またこの日は、ライバルのバルセロナ、アトレティコ・マドリーがそれぞれ4-0、7-1と大勝したのを見届けてのゲームとなったが、その影響については「それはない。我々は何があったのかを見ていない。見ることも、知ることもできるが、それは我々がしなければならないことではない」と述べ、「我々がするのは、毎試合全てを尽くすことだ」と続ける。

 近い将来の移籍も噂される中、この日、2ゴールを挙げたMFイスコについて「彼はチームの一員だ。いいプレーをしたし、満足している。彼はよく練習しているし、これは彼にとっては普通の仕事だ」と賛辞を送っている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/17(月) 7:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。