ここから本文です

【今週の対決】日本2大有名ホテルのハロウィンスイーツ

女性自身 10/17(月) 6:01配信

 話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(41歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は、ホテルのショップで買える「ハロウィンスイーツ」対決だ!

■パレスホテル東京「SWEETS & DELI」

 最初に向かったのは、東京のど真ん中にあるパレスホテル東京のペストリーショップ「SWEETS & DELI」。店内に入ると季節感あふれるパンとスイーツがたくさんあり、目移りしそうに。しかし、今回の任務であるハロウィン限定スイーツ&ブレッド7種のうち3種を購入。

 まずは見た目がハロウィンスイーツの代表格といった「パンプキンパイ」(594円)。中には、かぼちゃがつまっていて、その甘味とバターのコクが絶妙にマッチしていてペロリといけた。ソフトなタルト生地に竹炭が使用されている「紫いものハロウィンタルト」(336円)は見た目がとても個性的。竹炭の味はしなかったものの、紫いも、さつまいも、りんごが入っていてぜいたくな一品。

「ケーク・ポティロン」(432円)は、かぼちゃ形のかわいらしいケーキ。中にかぼちゃのコンポートが入っている凝りよう。しっとりとしたスポンジで食べごたえ十分だった!

■セルリアンタワー東急ホテル「ペストリーショップ」

 つぎは、渋谷駅近くにあるセルリアンタワー東急ホテルの「ペストリーショップ」へ。こちらのロビーフロアにあるショップでは、ハロウィンスイーツコレクション2016の5種類のスイーツを販売中。ここでも3種を購入。

「かぼちゃのプリン」(576円)はカラメルのほろ苦さとかぼちゃの甘さがクセになりそう。シナモンが効いたアダルトな「タルト ポティロン」(565円)は、ペーストにクリームに、かぼちゃの素材がいろいろと楽しめるぜいたくなケーキだ。

 そして、「紫芋のモンブラン」(565円)は、見た目のかわいらしさもさることながら、こだわりがつまったケーキ。カシス、カスタードクリーム、ライスクリスピーが層になっているのだが、このライスクリスピーの香ばしさと食感が、ケーキらしからぬアクセントになっていてとてもおいしかった!ちなみに両店とも31日までの販売。

【めた坊ジャッジ】一足お先にハロウィン気分を、目でも舌でも味わうことができた。今回は甲乙つけがたく引き分けだ!

最終更新:10/17(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。