ここから本文です

2017年春夏パリコレから最新トレンド!意外性を楽しむ、ミックス&マッチなアクセコーデ術。

VOGUE JAPAN 10/17(月) 14:35配信

2016年10月5日に閉幕した2017年春夏コレクション。ミラノ&NY編に続き、今回はパリコレクションの中から、旬なジュエリー&アクセサリーを提案したホットブランドを一挙にリサーチ。異なるテイストをマッシュアップして、自分らしいミックス&マッチを楽しむジュエリーコーデに注目。

シャネル、ルイ・ヴィトン などもチェック!

セリーヌ パール&チェーンで洗練された大人のフェイスラインを演出。

メンズのベストをリフォーメーションしたような、スパゲティストラップのブラックドレスに合わせたのは、エレガントなパールのドロップイヤリング。だが、首元にはチェーン×革紐のチョーカーを無造作にオンして、さりげなくストリートテイストをミックス。相反するテイストをミックスしつつ、洗練されたフェイスラインを演出するのは、フィービー・ファイロならではのセンス。

ランバン マルチに使えるブローチはコーディネートの強い味方。

シャツの襟元を華やかに飾るクリスタルのブローチ。ランバン(LANVIN)ではボウタイブラウスの襟元やシフォンドレスの肩部分に、ブローチをプラスしたコーディネートを披露。バレンシアガ(BALENCIAGA)でも同様に、シャツの胸元やウエスト部分にダイヤモンドのブローチを飾ったスタイリングが登場した。クラシカルにきちんと着けるのではなく、あくまでもラフにさりげなく着けるのが今年流。

ヴァレンティノ 個性派チョーカーブームはさらに加速。

ゴシックムードなジュエリーを披露した今シーズンのヴァレンティノ(VALENTINO)。センシュアルなレースやオーガンジーのドレスに合わせたのは、レザーとメタルのコンビが重厚なビッグチョーカー。ロングクロスのピアスもプラスして、繊細な中にも意思の強さを感じさせるスタイリングに仕上げた。

Makiko Awata

最終更新:10/17(月) 14:35

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。