ここから本文です

【子どもの山ウエア選び】寒暖差に注意! マスターしたい「重ね着」のポイント

エイ出版社 10/17(月) 15:40配信

シーンに合わせた脱ぎ着のポイントをマスターしよう

アウトドアに最適なこの季節、親子でハイキングという方も少なくないのでは? 体温調整能力が低い子どもにとって、天気や気温が変動しやすい山でのウエアはとても大事。子どもは言葉で状況をうまく伝えられないことも多いので、親が先手を打って寒暖差に対応したい。

そこでご紹介するのが、ベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウターレイヤー(レインウエア)からなるレイヤリング(重ね着)。それぞれの役割や機能性と、シーンに合わせた脱ぎ着のポイントをマスターしよう。

重ね着の必須3アイテムはこれだ!

【1】ベースレイヤー
肌に直接触れる、体温調節のかなめとなるレイヤー(層)。汗冷えを防ぐ速乾性に加えて、秋から冬にかけては保温性も重視しよう。特におんぶやベビーキャリーで移動し、基本的に子どもは歩かないという場合には、保温性の高いものを着用させておくと安心。

【2】ミドルレイヤー
温かい空気をたくわえるレイヤー。行動時はある程度、通気性のあるフリースジャケット、休憩時は保温性の高い中綿ジャケットと、状況に応じて2種類を使い分けると蒸れにも冷えにも対処できる。

【3】アウターレイヤー(レインウエア)
雨や風から体を守るレイヤー。大人と同じように、透湿性防水素材を使用したアイテムが◎。セパレートタイプのレインウエアが基本だが、短時間の山行であればポンチョタイプでもOK。

ここに注意! 3つのシーン別・重ね着のポイント

【1】肌寒いとき
体幹部が冷えないよう、ベースレイヤーとミドルレイヤーでしっかり保温を。場合によってはアウターも着用し、帽子や手袋で末端からの冷えを防ごう。

【2】雨が降っているとき、風が強いとき
レインウエア着用時は蒸れやすいので、ジッパーの開け閉めなどで換気しよう。雨風が強いときは低体温症に陥らないよう、濡れ・防風・保温対策を厳重に!

【3】体を動かしているとき
子どもは大人に比べて体温が上下しやすい。暑い場合はジャケットを脱ぐなど早めに薄着にさせ、体温の上昇を防ごう。休憩時にはタオルで背中などの汗を拭き、汗冷え対策を。
必要なときにすぐ脱ぎ着して環境に適応できるのが重ね着の利点。天気や気温、子どもの体調、年齢に合わせて、こまめにレイヤリングを調整し、快適・安全にアウトドアを楽しみたい。


(エイパブ編集部・ヨシダ)

最終更新:10/17(月) 15:40

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。