ここから本文です

【ねこ】獣医の人生を変えた“みなしご”ねことの出会い

女性自身 10/17(月) 6:01配信

 本誌「ねこ相談」でおなじみ、東京都江東区にある「東京猫医療センター」院長の服部幸先生。今週は、服部先生が初めて飼い、15年ほど一緒に暮らしたねこ「うにゃちゃん」(メス)についてご紹介。

 子供のころから動物が好きだったものの、特別に「ねこ好き」というわけではなかったようで、むかし飼っていたのはカメやイグアナ。ところが、大学に通っていたころ、近所のコンビニエンスストアで母ねこが出産し、子ねこを1匹ずつくわえて、引っ越しする姿を目撃。見守っていると、1匹だけちょこんと取り残されてしまった。

「母ねこに捨てられてしまったのか、何かアクシデントがあったのか、理由はわかりません。生後2週間くらいで目は開いていましたが、まだ乳飲み子。このまま置いておいても1匹では生きていけないですから、自分が保護して、飼うしかありませんでした」

 幸い、獣医学部に通う学生が多く住む地域だったため、先生の家もペット可の物件だった。

「壁はボロボロになりましたけど、ねことの生活はそういうもの。大変だと思ったことはなかったです、うにゃは、すごく気分がいいときだけ膝に乗ってきて、僕が触ろうとすると逃げちゃう(笑)。いい距離感で暮らしていました。でも、僕がお風呂に入っている間、ずっと浴槽の縁にいたことも」

 学生時代から服部先生と暮らしてきたうにゃちゃんは、15歳でがんを患い’15年に他界してしまう。

「そういう年齢なんだと病気を受け入れて、最期は病院で。診察が終わるのを待っていてくれたようで、看取ることができました。いまもわが家にはねこがいますが、これからどんな別れがあっても、僕はずっとねこのいる暮らしをすると思います」

最終更新:10/17(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。