ここから本文です

マイリー・サイラス、初の恋人は女性だったことを告白。

VOGUE JAPAN 10/17(月) 21:50配信

マイリー・サイラスの初めての恋人は女性だったそうだ。現在リアム・ヘムズワースと交際中のマイリーはパンセクシャルと公言しているが、若い頃には自身の性別や性的指向について分からなかったという。

マイリー・サイラスのフォトギャラリー。

「ずっと自分の性別とか性的指向が分からなかったわ。型にはめられているような気がするから『バイセクシャル』って言葉は嫌いだったの。相手が男なのか女なのかなんて考えないわ」「5,6年生の頃に分かってきたの。人生初の交際相手は女の子だったわ。私は南部の信心深い家庭で育った。そのおかげで私は大丈夫だと思えるパワーをもらえたの。当時、両親は分かってくれなかったけど、いつか分かってくれる日が来ると感じていた」。

性別や性的指向にこだわらず惹かれることを意味するパンセクシャルと自身を認識したのも、同じような気持ちを持った人に出会ったからだそうだ。最初に自分のことをパンセクシャルと認識したのがいつかという『ヴァラエティ』誌からの質問に対し、マイリーは「たぶんロスのLGBTQの施設に行って、同じような話を聞いた時ね。そこに男性とも女性とも分類していない人がいたの。そういう人を見ていると、美しくてセクシーで、強さも感じるけど、それでいてはかなくて、女性的なのに男性だったの。そんな人に、自分がこれまで感じたことないほど親近感を感じたのよ。分類できないという自分の性別を分かってからは、性的指向についてももっと理解できるようになったわ。『ああ、だから自分のことをストレートともゲイとも思わないんだ』ってね。だって私はどちらでもなかったんだもの」と答えている。

Text by Bangshowbiz

最終更新:10/17(月) 21:50

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。