ここから本文です

ネットニュースの虚実に迫れるか 「Google News」に「ファクトチェック」タグ導入

WIRED.jp 10/17(月) 17:37配信

「ポスト真実型の政治」(post truth politics:政策の詳細より感情へのアピールが重視される政治文化)の時代といわれる2016年は、事実確認の重要性がさらに高まっている。そんななかグーグルが、虚偽を暴くコンテンツを制作する組織やメディアに報いる取り組みを開始した。「Google News」において、グーグルが認めたファクトチェック記事に対して「Fact Check」(事実確認)という小さなタグを表示することにしたのだ。

【トランプ氏の人工知能bot、ツイッターで「活躍」】

グーグルはすでに、各記事に対して「In-Depth」(詳細)、「Opinion」(意見)、「Wikipedia」(ウィキペディア)などのタグを使っており、そこに「Fact Check」が加わることになる。グーグルではこうしたタグを、「コンテンツの多様性」を示すために、2007年から使用している。

「news.google.comの記事ボックスと、iOSとAndroidの『Google News and Weather』アプリで、Fact Checkというタグが付けられた記事を目にするようになるでしょう。米国と英国で開始します」とグーグルはブログの投稿で述べている。

ウェブサイトの内容の判断は、グーグルが勝手に行うわけではない。「Google Newsは、それがファクトチェック記事かどうかをSchema.orgの『ClaimReview』マークアップを参照するなどして判断します」とグーグルは説明している。Schema.orgでは、ファクトチェックサイトに必要な基準をコミュニティによって決定している。

MATT BURGESS

最終更新:10/17(月) 17:37

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。