ここから本文です

Qアワード、コールドプレイとThe 1975が最多ノミネート。

VOGUE JAPAN 10/17(月) 22:00配信

2016年度のQアワードでコールドプレイとThe 1975がそれぞれ4ノミネートで最多となった。コールドプレイの『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』とThe 1975の『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』で最優秀アルバム賞を競うことになる。

コールドプレイはそのほか、『アップ& アップ』で最優秀ビデオ賞、最優秀ライブ・アクト賞、最優秀アーティスト賞の候補に挙がっており、The 1975は『サムバディ・エルス』で最優秀楽曲賞、『ア・チェンジ・オブ・ハート』で最優秀ビデオ賞、最優秀アーティスト賞にノミネートされている。

最優秀楽曲賞にはほかにビッフィ・クライロの『ハウル』、バスティルの『グッド・グリーフ』、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンの『トゥワイス』、スケプタの『マン』が候補に挙がった。

最優秀ソロアーティスト賞をノエル・ギャラガー、ジェームズ・ベイ、スケプタ、PJ ハーヴェイ、マイケル・キワヌカが競う中、最優秀アルバム賞にはコールドプレイとThe 1975のほか、今年の1月にがんにより69歳で他界したデヴィッド・ボウイの遺作『ブラックスター』、バスティルの『ワイルド・ワールド』、クリスティーン・アンド・ザ・クイーンズの『シャルール・ユメンヌ』がノミネートされている。

そんな中、ミューズは最優秀アーティスト賞と最優秀ライブ・アクトの2部門で候補に挙がっており、ブレイクスルー・アーティスト賞にはブロッサムズ、ジャック・ガラット、ラット・ボーイ、クリスティーン・アンド・ザ・クイーンズ、レディ・リーシャーら話題の新人アーティストが肩を並べた。

投票は今月31日まで受付中で、受賞者は11月2日(現地時間)ロンドンのザ・ラウンドハウスで行われる式典で発表される。

Text by Bangshowbiz

最終更新:10/17(月) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。