ここから本文です

不遇のレアルMFイスコ、会心の2ゴールに「練習し、チャンスをモノにするだけ」

フットボールチャンネル 10/17(月) 8:50配信

 ベティスを6-1と降し、公式戦4戦連続ドローから抜け出したレアル・マドリー。2点を挙げる活躍を見せたMFイスコは不遇の時期も「練習して、チャンスをモノにするだけ」と語っている。15日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 思うように出場機会を得られず、プレーより移籍報道で周囲を賑わせている感のあるイスコだが、この日はスタメン出場し2得点の大活躍だった。久々の勝利に貢献した24歳は「我々は最初の1分から飛ばしていった。これこそ、我々が毎試合やらねばいけないことだ」と語る。

 そして、自身にとっても重要であったこのゲームに「こういう試合が欠けていたし、周囲の自分への信頼も少し足りなかった。まだ自分もリズムに欠けており、少しずつ取り戻していきたい」と述べる。

 また「自分自身に対しても自信も欠いていた。監督は就任以来私を信じてくれている。物事がうまくいかない時は、前以上に日々練習し、チャンスをモノにするしかないんだ」と続けている。

 そうした中で生まれた2つのゴールについて「質の異なるゴールだった。1点目はカウンターがうまくいった。チームの明確なコンセプトを示せたのではないか。そして2点目はいい一撃が放てた」と解説している。

フットボールチャンネル

最終更新:10/17(月) 8:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。