ここから本文です

「運命が働いた。抗うことはできない」 シティのアグエロが親友メッシとの対戦に複雑な心境

Football ZONE web 10/17(月) 10:35配信

19日のCL第3節、敵地カンプノウに乗り込むシティ

 マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で対戦するバルセロナの同胞FWリオネル・メッシとの対戦を心待ちにしている。プライベートで仲が良い親友との対戦は「運命が引き寄せたもの」と大一番の前に語った。英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 シティは19日のCL第3節で敵地カンプノウに乗り込む。CL初戦でドイツのボルシアMGを4-0と粉砕し、同第2節のスコットランド名門セルティック戦は3-3の打ち合いを演じた。セルティック戦後のリーグ戦は1分1敗という状況でバルセロナ戦を迎える。

 シティをけん引する昨季のプレミアリーグ得点王アグエロは、バルセロナの大黒柱であるメッシとの対戦が待ち切れないようで「メッシと対戦することは特別なことなんだ」と思いを明かしている。親友同士で火花を散らしたくないというのが本音のようだが、運命のいたずらが2人を引き寄せた。

「僕らは同じ国籍で、友達でもある。だからバルセロナをドローで引き当てたくはなかったんだけど、何かの運命が働いたんだ。抗うことはできない」

望むのは「彼にとって悪い日であってくれ」

 今季からシティを率いるペップ・グアルディオラ監督はバルセロナでメッシを指導し、リーグ、国内カップ、CLの三冠を成し遂げるなど天才レフティーをよく知る。それだけにアグエロは「彼のことは全て知っている。もちろんそれはグアルディオラも同じだ」とメッシ攻略に自信を見せるが、その一方で「バルセロナに関して言えば、世界中のみんなが彼らを知っている。それほど大きな意味はない」と、メッシ以外にもタレントが揃い、“分かっていても止められない”攻撃力を持つバルセロナへの警戒を強めた。

「彼(メッシ)を止めるのは難しいだろう。経験から分かっている。僕らみんなが望むのは、彼にとって悪い日であってくれ、ということだね」

 アグエロは世界一の選手と称える親友の「絶不調」を期待していた。

 リーグ戦では首位を走るシティ。直近のリーグ戦ではエバートンを相手にアグエロとMFケビン・デ・ブライネのPK失敗が響いて1-1で引き分けたが、このCLではグループ最大のライバルであるバルセロナを倒すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/17(月) 10:35

Football ZONE web