ここから本文です

Vゾーンに秘密あり スタイリストが見る小池百合子スタイル

女性自身 10/17(月) 6:01配信

「知事はオシャレ上級者。基本はシンプルですが、テーラードジャケットを着て男性議員さんたちの背広姿に調和しながらも、色や素材、アクセサリー使いなどでご自身の立場もサラリと主張されています」

 そう話すのは、スタイリストのマツミキこと松島三季さん。目が離せないのは小池百合子都知事(64)の政治手腕だけにあらず。そのお仕事ファッションを絶賛するマツミキさんが、小池都知事のファッションを解説してくれた。

●色&素材使いでバランスをとる

「シンプルなコーディネートでありながら、色と素材で大人感が演出されています。たとえば、素材によっては安っぽく見えがちな黒い服ですが、ジョーゼットなどの素材で高級感を出しています」

●アクセサリーこそこだわりを

「ネックレス、スカーフ、ブローチ、とアクセ使いの達人。ショートヘアなので、イヤリングはとってもお似合い。大ぶりなネックレスのときはイヤリングは小ぶりなものにするなど、バランス感覚も◎」

●胸元のVゾーンを美しく見せる

「キャスター出身とあって、テレビに映る上半身の見え方をよく意識されていると思います。襟付きの1つボタンジャケットで胸元に深いVゾーンを作ることで、お顔もスッキリ見え、エレガントに」

●メークまで手を抜かない

「イタリアのマダムの美しさは、しっかりメークと、アクセサリー使い。小池さんもリップやチークにしっかり色を入れています。多忙ななかでもメークをきちんとして、よく手間をかけていると思います」

 マツミキさんは、小池都知事のお仕事ファッションを、60代、70代のお出かけスタイルでまねしてほしいと語る。

「今年は黒が流行していますが、つまらなくなりがちな黒い服も、差し色などのちょい足しや素材の工夫で楽しく安っぽくない着こなしにしたり。また、スカートは大人らしい丈をキープ、ダイヤより地金のネックレスを選ぶなど、控えめで華美になりすぎない装いにも注目。60代、70代の方にはお出かけスタイルとしてぜひまねしてほしいですね。そして何より公務でお忙しいなか、毎日きちんとメークをされたり、手間をかけたオシャレに脱帽です!」

最終更新:10/17(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。