ここから本文です

17日に大一番の「クロップvsモウリーニョ」 過去5度目の対戦成績は“香川の恩師”が上回る

Football ZONE web 10/17(月) 12:50配信

英紙が過去5度の対戦をプレーバック ここまでクロップ監督が3勝1分1敗

 プレミアリーグ第8節は16日までに9試合を終え、マンチェスター・シティとアーセナルが勝ち点19で並び、勝ち点1差でトットナムが後を追う混戦模様を呈している。そして17日にマンデーナイトマッチの大一番として、勝ち点16の4位リバプールと同13の7位マンチェスター・ユナイテッドによる上位対決が行われる。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 勝てば首位浮上のチャンスもあるリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督と、今季から“赤い悪魔”を率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、キャリアで6度目の直接対決を迎える。過去の激闘を振り返ると、クロップ監督が3勝1分1敗と相性の良さで上回っている。英紙「ザ・サン」は特集で過去5度の対戦をプレーバックしている。

■ドルトムント 2-1 レアル・マドリード
(2012年10月24日/CLグループステージ・第3節/会場:ジグナル・イドゥナ・パルク)

 両者の初対戦は2012年10月まで遡る。当時クロップ監督はドルトムントを、モウリーニョ監督はレアル・マドリードを率いてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで対戦。ジグナル・イドゥナ・パルクで実現した一戦は、FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)とDFマルセル・シュメルツァーがネットを揺らし、ドルトムントが勝利を収めた。

モウリーニョ監督が唯一勝利したのは…

■レアル・マドリード 2-2 ドルトムント
(12年11月6日/CLグループステージ・第4節/サンチャゴ・ベルナベウ)

 レアルのホームに移ってのリターンマッチとなった一戦でもドルトムントは終盤まで2-1とリードを奪って試合を進めた。しかし、意地を見せたい白い巨人はドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)が意地の同点ゴールを奪ってドローに持ち込んだ。

■ドルトムント 4-1 レアル・マドリード
(13年4月23日/CL準決勝・第1戦/ジグナル・イドゥナ・パルク)

 グループステージで激突した両者は、同シーズンの決勝トーナメント・準決勝でも顔を合わせた。この試合は当時のエースFWレバンドフスキの独壇場だった。ポーランド代表ストライカーは1人で4得点を挙げてレアルを粉砕。4点目を決めた後、右手の指を4本立てて掲げるパフォーマンスは鮮烈な印象を残した。

■レアル・マドリード 2-0 ドルトムント
(13年4月30日/CL準決勝・第2戦/サンチャゴ・ベルナベウ)

 レアルはFWカリム・ベンゼマと主将DFセルヒオ・ラモスのゴールで完封勝利を収めた。アウェーゴールを奪っていたレアルはあと1点で逆転での決勝進出を果たせる展開だったが、その1点が遠かった。決勝に駒を進めたのはドルトムントだったが、この試合はモウリーニョ監督がクロップ監督に勝利した唯一の試合となっている。

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 12:50

Football ZONE web