ここから本文です

清武がCLザグレブ戦の遠征メンバー入り 最高峰の舞台で“デビュー”への期待高まる

Football ZONE web 10/17(月) 13:44配信

ライバルらも遠征メンバー19人に帯同 CLの最終登録は18人でベンチ入りは未確定

 セビージャの日本代表MF清武弘嗣が、現地時間18日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の敵地ディナモ・ザグレブ戦に向けたクロアチア遠征メンバー19人に入り、CLデビューの望みが生まれている。クラブ公式サイトが発表した。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 セビージャはCLグループステージで1勝1分、勝ち点4でイタリア王者ユベントスと並ぶ。グループでは、セビージャ、ユベントス、フランスのリヨン(勝ち点3)の3チームが勝ち点を積んでおり、2連敗のザグレブから勝ち点を取りこぼしたチームが脱落しそうな状況になっている。

 そのザグレブ遠征メンバーに清武は名を連ねた。同ポジションのライバルであるMFパブロ・サラビア、MFサミル・ナスリ、MFガンソ、MFフランコ・バスケスらも帯同するため出場は簡単ではないが、リーグ戦でのメンバー外からは復活した形だ。

 CLの試合登録メンバー18人に対して19人を帯同させているだけに、清武のベンチ入りは最後の最後まで確定しないが、世界最高峰の舞台に足を踏み入れるチャンスを迎えてCL初出場への期待が高まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/17(月) 13:44

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。