ここから本文です

「世界中から称賛されるべきだよ」 “世界最高の左SB”がC・ロナウドのバロンドール受賞を確信

Football ZONE web 10/17(月) 15:41配信

元ブラジル代表のロベルト・カルロスが、レアルの後輩への賛辞を惜しまず

 悪魔の左足を持つ男として名を馳せた元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏が、今年のバロンドールはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで決定的だとして、「家にはもうトロフィーが届いているんじゃないか」と冗談交じりに語っている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」などが報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

「クリスティアーノの家にはもうトロフィーが届いているんじゃないか。まあ、まだ彼は誰にもそれのことを打ち明けてないみたいだけどね」

 かつての名手はこう冗談を飛ばし、ロナウドが今季のバロンドールに選ばれるだろうと予想した。そして「誰もが知っている通り、彼はチャンピオンズリーグを制した後に、欧州選手権(EURO)も勝った。世界中から称賛されるべきだよ」と、自身としてもロナウドがふさわしいという意見を述べている。

 ロナウドはそのEURO決勝のフランス戦で膝を負傷して途中交代した。延長戦のベンチで監督のように振る舞う姿が話題にもなったが、8月のゲームは全て欠場し、9月から戦線に復帰している。

「最高の状態に戻るには、もう少しだけ時間が必要なんじゃないかな。だけど、彼はそのこともしっかり理解していると思うよ」

 白い巨人レアル・マドリードの後輩でもあるロナウドに対し、『世界最高の左サイドバック』と称された男は賛辞を惜しまなかった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/17(月) 15:41

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。