ここから本文です

英メディアが「レスター失速の戦犯4人」を選出 “岡崎不在”の影響でヴァーディの名も…

Football ZONE web 10/17(月) 17:24配信

失速の戦犯1位となったのはキャプテン 「上出来のシーズン後の転落はよくある話」

 昨季のプレミアリーグ王者レスター・シティは、今季リーグ戦8試合を終えて2勝2分4敗の勝ち点8で13位に低迷している。15日の敵地チェルシー戦では0-3と完敗し、今季リーグ戦ですでに14失点を喫するなど、昨季の堅守速攻の面影は鳴りを潜めている。英フットボール専門メディア「Squawka」はレスター失速の戦犯4人を特集。昨季、日本代表FW岡崎慎司との絶妙な連係でゴールを量産したイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディも選出されている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ブックメーカーでの優勝オッズ5001倍という奇跡の優勝を成し遂げたレスターは、UEFAチャンピオンズリーグで2連勝と好スタートを飾った一方、リーグ戦で苦しい状況に直面している。特集では「4選手は昨シーズンのパフォーマンスに見合う働きを今季見せていない」と特集されている。

 序盤の失速の戦犯1位となったのは、キャプテンのジャマイカ代表DFウェス・モーガン。「キャプテン・モーガンは夏にほとんどオフを取れなかった。5月にレスターの歴史的優勝で多くのパーティで喜び、代表日程で忙殺され、他の活動もあった。上出来のシーズン後の転落はよくある話で、モーガンにも当てはまるように見えるが、彼はシーズン序盤から疲れていた」と分析されている。

 昨季はレスターのDF陣を支えてきた32歳の鉄壁のストッパーは開幕時からガス切れだったという。昨季はデュエル勝率54%だったが、今季は49%に低下。そして、今季はセットプレーから失点を重ねている。

4位はエースFW「相手が対応策を見出した」

 不名誉な2位は守護神のデンマーク代表キャスパー・シュマイケルが選出されている。負傷の影響で欠場を余儀なくされた影響もあり、昨季と様子が違うという。「彼の細部に対する警戒が低下している。昨季、彼の父親のようなイメージで、彼はもっと発言し、周囲に要求していた」と指摘。特集では、父親でマンチェスター・ユナイテッドの伝説の守護神、ピーター・シュマイケル氏のような存在感、コーチングが今季は見られないと分析している。

 3位は元ドイツ代表DFロベルト・フート。昨季はモーガンの相棒として、優れたカバーリング能力を発揮したが、今季はモーガンとの意思疎通や連係がいまひとつ。「フートのポジショニングのセンスが疑いになりつつある」と批判されている。

 4位には守備陣以外からの選出となった。イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが選出されている。「イングランド代表のストライカーは昨季、抵抗不可能だった。36試合24ゴールで枠内シュートの成功率は25.8%だった」と言及されている。

 今季はリーグ戦8試合で2得点に止まっており、ヴァーディが鳴りを潜めている理由を二つ挙げる。「対戦チームが、脅威となる彼のスペースを抑え、対応策を見出したこと。もしくはヴァーディと相棒を昨年のレベル以上に警戒し、ヴァーディに対するパスの供給を遮断している」と分析。カウンター時に猛烈なスピードで抜け出し、ゴールを決めてきたヴァーディへの対応を各チームが綿密に練っているとしている。

「いかなる理由でも、彼は昨季より効果的でなくなっている。イスラム・スリマニの加入でレスターは対戦チームを恐怖させる能力を補強したが、フォクシーズはヴァーディのゴールがなくなり、狡猾さを失ったかのように見える」

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 17:24

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。