ここから本文です

長期離脱の主将に捧げたゴール。ミランFW、“18番“を天に掲げる

フットボールチャンネル 10/17(月) 11:48配信

 ミランの選手たちは、現地時間16日に行われたセリエA第8節キエーヴォ戦でのゴールを、長期離脱を強いられることになったキャプテンのMFリッカルド・モントリーボに捧げた。モントリーボはこれに対し感謝を表している。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 モントリーボは今月7日に行われたロシアW杯欧州予選のイタリア対スペイン戦で負傷。左膝の前十字靭帯損傷で手術を受け、少なくとも半年の離脱を強いられる見通しとなった。

 キャプテンを欠いての最初の試合となったキエーヴォ戦に、ミランは3-1で勝利。後半開始直後にFWエムバイェ・ニアンがチームの2点目を記録すると、ゴールを決めたニアンはベンチに駆け寄ったあとモントリーボのユニフォームを受け取り、チームメイトらとともに“背番号18“を大きく頭上に掲げてみせた。

 モントリーボは試合後に、自身のツイッターアカウントで感謝の言葉を述べている。「ありがとう、エムバイェ…ありがとう、みんな。素晴らしい試合だ!」とチームメイトたちの勝利を祝福した。

 この勝利を含めてここ5試合で4勝1分けと好調なミラン。シーズン終盤となることが予想されるモントリーボの復帰を、上位争いを続けたまま迎えることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:10/17(月) 12:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)