ここから本文です

リバプール、“走り”のデータでマンUを圧倒。「伝統の一戦」の連敗ストップなるか【注目試合プレビュー】

フットボールチャンネル 10/17(月) 12:20配信

代表ウィークが終わり、各国リーグ戦が今週末から再開する。プレミアリーグ第8節ではマンチェスター・ユナイテッドとリバプールの試合が行われる。イングランドのサッカーの歴史を築いてきた両チームの対決は、ここまでのリーグ戦のデータから”走る”リバプール、”走らない”ユナイテッドという構図が見えてくる。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

クロップ色に染まったリバプール

 代表ウィークが終わり、各国リーグ戦が今週末から再開する。プレミアリーグ第8節ではリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの試合が行われる。

 プレミアリーグ伝統の”ナショナルダービー”における注目ポイントは両チームの「走りのデータ」だ。

 英放送局『sky sports』によると、前節を終えて「走行距離」「スプリント回数」「パス本数」はすべてにおいてリーグ内でリバプールが1位を誇り、ユナイテッドはそれぞれ最下位、8位、5位。走行距離、スプリント回数では2位、3位がマンチェスター・シティ、トッテナムの上位陣が占めているように、”走る”ことの重要性が浮き彫りとなっている。

 走行距離ではリバプールが814km、ユナイテッドが735kmと約100kmの差がついている。フィールドプレーヤー10人で換算すると、1試合1人あたり約1.5kmの差が生まれているということになる。ユルゲン・クロップ監督の志向するサッカーが着実に根付いていることの証明だ。また、スプリント回数、パス本数でも600本近くの差が両チームにはついている。

 また、プレミアリーグ公式サイトではパス本数の各選手の順位を発表しており、リバプールのジョーダン・ヘンダーソンが589本でリーグ1位。ユナイテッドの選手はトップ10に名を連ねていない。14位にポール・ポグバがようやく登場する。

 今シーズンのリバプールはアーセナル、トッテナム、レスター、チェルシーとすでに対戦し、3勝1分。特にアーセナル戦、チェルシー戦では前半から押し込みスピード感に溢れる試合を見せた。改装されたアンフィールドに初めてユナイテッドを迎えるリバプールが今回も圧倒的な走力でユナイテッドを押し込むシーンが見られるかもしれない。

 プレミアリーグ過去10試合では圧倒的にユナイテッドが優勢だ。リバプール2勝1分7敗となっており、2年連続でユナイテッドがシーズンダブルを達成している。果たして今シーズン最初のナショナルダービーの行方はどのような結末を迎えるのか。キックオフは日本時間月曜日の28:00(火曜日の早朝4:00)となっている。

1/2ページ

最終更新:10/17(月) 12:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。