ここから本文です

ブッフォン、セリエA通算350勝達成を祝う「一度も数えたことがなかった」

フットボールチャンネル 10/17(月) 15:00配信

 ユベントスに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、セリエAで達成した350回目の勝利を祝った。16日に自身のフェイスブックで伝えている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 現地時間15日にイタリア・セリエA第8節が行われ、ユベントスはウディネーゼに2-1で勝利した。この勝利は、ブッフォンにとってセリエAで収めた通算350勝目となる。

 これについてブッフォンは、「一度も数えたことなんてなかったし、もし数えていたとしても確実に途中で数が分からなくなっていたはずだよ。だけど知っておくと良いことだね」とこの記録達成を祝った。

 ブッフォンは、1995/1996シーズンに当時のネビオ・スカラ監督によってパルマのトップチームに昇格した。そして17歳9ヶ月でミラン戦に出場すると、それから2001年に移籍したユベントスでの出場を含めてこれまでにセリエAで597試合に出場。全ての公式戦を含めるとこれまでに793試合に出場している。

 昨季には974分の無失点記録を達成し、1993/1994シーズンに元イタリア代表GKセバスティアーノ・ロッシ氏が記録したセリエAにおける無失点記録を更新したブッフォン。次には一体どのような驚くべき記録を残してくれるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:10/17(月) 15:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。