ここから本文です

ドルト、負傷者は10人の大台に。シュメルツァー離脱でCLは本職SB“ゼロ”か

フットボールチャンネル 10/17(月) 20:58配信

 チャンピオンズリーグ(CL)のスポルティングCP戦を18日に控えたドルトムントの選手たちは、試合開催地のアウェイ・リスボンに到着した。しかし、チームはけが人続出で窮地に立たされている。

絶好調、香川真司。軽快な動きでアピール【現地貴重映像】

 直前のヘルタ・ベルリン戦でマルセル・シュメルツァーが左内転筋を痛め、およそ2週間の離脱を強いられることとなった。これによりチーム全体の負傷者数は10人にのぼっている。

 長期離脱中のマルコ・ロイスをはじめ、エリック・ドゥルム、ラファエウ・ゲレイロ、ネベン・スボティッチ、ゴンサロ・カストロ、ソクラティス・パパスタソプーロス、ルカシュ・ピシュチェク、スベン・ベンダー、アンドレ・シュールレ、そしてシュメルツァーが負傷を抱えている。

 最も深刻なのはサイドバックのポジションだ。リーグ戦では貴重な控えとして活躍しているパク・チュホはCLの登録から外れており、非常事態でもスポルティングCP戦には出場できない。ピシュチェク、ドゥルム、シュメルツァー、ゲレイロとスペシャリストたちが軒並み負傷中で、本職のサイドバックで無傷な選手は一人も残っていない。

 かといってセンターバックの層も万全ではなく、スポルティングCP戦は急造最終ラインで臨むことになりそうだ。シュメルツァーとゲレイロを欠く左サイドは、本来右サイドを得意とするフェリックス・パスラックに任されると見られている。

 一方、ポジティブな情報もある。代表戦で負傷を抱えてドルトムントに帰ってきたパパスタソプーロスとピシュチェクはスポルティングCP戦に向けた遠征メンバーに入っており、ギリギリまで出場可否を見極めることになる。それぞれ内転筋と膝に問題を抱えており、現段階では「出場に希望が出てきた」程度の回復具合のようだ。

 なお今回の遠征には負傷者続出の影響でパク・チュホとミケル・メリーノも帯同しているが、両選手はともにCLの登録メンバーから外れているため、練習のみの参加で試合に出場することができない。

フットボールチャンネル

最終更新:10/17(月) 21:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。