ここから本文です

アップルが買収狙う「謎の電動バイク企業」リット・モーターズの苦境

Forbes JAPAN 10/17(月) 7:00配信

アップルは、停滞する自動車開発プロジェクトを再び軌道に乗せるため、外部の自動車メーカーへの出資を検討している。最近ではイギリスの高級車メーカー「マクラーレン」への出資が取り沙汰されたが、この他にも電動バイクの開発を手掛けるサンフランシスコのスタートアップ「リット・モーターズ(Lit Motors)」とここ数か月で何度か面談をしている。



情報筋によると、アップルはリットのダニエル・キムCEOに対して買収提案を行ったという。アップルは毎年、様々な分野で数多くの企業への出資を検討している。以前、ニューヨーク・タイムズは、アップルが自動車開発プロジェクト「タイタン」に関わる社員を数十人解雇したと報じたが、タイタンを挽回させるためには外部企業との提携が不可欠だと判断したようだ。

タイタンプロジェクトの目的は、ウーバーやテスラモーターズ、アルファベットなどと対抗して自動運転車を開発することだが、リットが掲げるビジョンは大きく異なる。ロードアイランド州の美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン出身のキムは、小型で効率的な乗り物の開発を目指して2010年にリットを創業した。同社が開発した自律走行型の電動バイク「C-1」は、2012年にサンフランシスコで開催されたスタートアップのカンファレンスでキム自身がデモ走行を行い、大きな話題を呼んだ。

「C-1は、車の持つ安全性や快適性と、バイクならではの冒険性や効率性を兼ね備えた乗り物だ」とキムは2012年10月にフォーブスのインタビューに答えている。

しかし、キムの壮大なビジョンに共感する投資家は少なく、数年間で集まった資金は500万ドル(約5億円)に過ぎなかった。キムは家族や友人からの支援を受けて開発を続けた結果、2014年3月にジンガの創業者、マーク・ピンカスや韓国のビリオネアであるキム・ジョンジュ、プロサーファーのケリー・スレーターなどから合計100万ドルの出資を得た。その後、アルファベットのCEOであるラリー・ペイジもリットに出資したが、金額は公開されていない。アルファベットの広報担当者に、ペイジのリットへの関与について質問をしたがコメントは得られていない。
--{ 製品はいまだ未完成}--
製品はいまだ未完成

2014年夏にはリットは30人の社員や契約社員を抱え、事前注文台数は1,100台を超えた。2012年にフォーブスがキムをインタビューした際、彼は早期の商品開発に自信を見せ、2014年後半には出荷を開始すると語っていた。

それから2年が経ったが、リットはまだ1台も車両を生産できていない。同社の公式フェイスブックページを見ると、今年4月の段階でまだ事前注文の受付を行なっていた。ファンからは出荷の遅延にガッカリする声が多く挙がっており、中には「リットも経営破綻した自動車ベンチャーのFisker AutomotiveやApteraの二の舞になるのでは」と、リットの経営難を心配するコメントも寄せられている。Ward Tomasiakと名乗るフェイスブックユーザは次のようなコメントを残している。
--{ 経営破たん説も}--
経営破たん説も

「とてもガッカリしている。私は最初に予約をした顧客の一人で、手付金も支払った。1年が経ち、リットからは今年こそC1の出荷が始まると言われていたのに。製品コンセプト自体が実現不可能なのかもしれない」

出荷が延期された要因の一つは、キムが試験走行中に事故に遭い、2015年の大半を車椅子で過ごすことになったことだ。関係者によると、この事故の直後からリットは休止状態に陥り、従業員の大半が解雇されたという。

リットの現在の経営状況は不明だ。ソーシャルメディア上の投稿によると、サンフランシスコの中心部にあった本社からは退去し、郊外の倉庫に古いプロトタイプを保管しているという。同社は今後もC-1を市場に投入することに全力を尽くすとしており、製造開始日を検討しているようだ。リットのホームページには、キムを除き5人の社員の顔写真が掲載されている。

リットは様々な問題を抱えてはいるが、ジャイロスコープを使って車体を自律させる技術や、バイクのような車体デザイン、衝突防止技術などに関する国際特許を保有している。アップルはリットの知的財産やエンジニアリングの知見に関心を寄せているのかもしれない。しかし、実際にアップルがリットを買収するかは不透明だ。

アップルは自動車開発プロジェクトの本格再稼働を目指し、シリコンバレー以外の企業にも触手を伸ばしている。フィナンシャル・タイムズは9月にアップルがマクラーレンと買収交渉を行っていると報じたが、マクラーレン側は「アップルとはいかなる出資の可能性に関しても協議していない」と報道内容を否定している。

Ryan Mac

最終更新:10/17(月) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。