ここから本文です

“アグネス・ラム伝説”再び!社会現象になったそのグラビアの魅力とは?

週プレNEWS 10/17(月) 19:00配信

来日すれば空港はパニック。イベント会場には数万人が押しかける。その人気ぶりは“社会現象”と呼ぶべき圧倒的なものだった。

1975年の初来日から1983年の完全引退まで、わずか9年の芸能活動で今も伝説として語り継がれるエキゾチック美女--アグネス・ラム。

歴史的発掘スクープとなった『週刊プレイボーイ』本誌44号の袋とじグラビアに続き、本誌秘蔵記事をひもときながら伝説の正体に迫る。

■水着ポスター50枚になんと12万通の応募!

アグネス・ラムは、ハワイ出身の中国系アメリカ人。1974年、ミス・ハワイに選ばれる(規定の18歳に数ヵ月足りない理由で最終的に返上)など、地元では知られた美少女だったという。日本からハワイを訪れていたCM関係者に見いだされ、翌75年に日本でタレント活動を開始。トリートメントのCMが話題となり、一躍、空前の“アグネス・ブーム”が起こる。

あらゆる雑誌のグラビアに登場し、一時期は7業種9社のCMに出演。イベントにはひと目見ようとファンが殺到。あるときは30万人が一気に押し寄せたという。その過熱ぶりを週プレもリアルに体感していた。76年2月の初グラビア掲載の際にポスター50枚のプレゼント告知をしたところ、実に12万通もの応募が殺到したのだ。アイドルウオッチャーの本末ひさお氏が、アグネスの魅力を語る。

「外国人ではあるものの、日本人に親しみやすい黒髪で東洋系のチャーミングな顔立ちと90cmの迫力バスト。なんといってもそれが最大の魅力です。しかも衣装は、当時としては極小サイズの三角ビキニ。豊満な胸をした水着モデルがほぼ皆無だった70年代半ば、そんな突き抜けた存在を無視できる男性はいません。彼女こそまさに、元祖・グラビアクイーンと言っていいでしょうね」

一方で、アグネスの無垢(むく)さが大きな魅力だと語るのは、彼女のグラビアを数多く撮影した元・本誌カメラマンの﨑山健一郎氏だ。

「とにかく自然体のコでしたね。撮影にはマネジャーもつかず、ひとりでふらっと来るんです。そして用意されたビキニに着替え、海辺に出て楽しそうにカメラに向かう。当時の日本人タレントはビキニになると肌を出すことを強く意識してしまい、気負いが出てしまう。でもハワイ出身の彼女にとって、ビキニは普段着。笑顔もポーズも無理がないんです。ごく普通の女のコが海を楽しんでる。そんな純真な姿にファンは親近感を覚えたんじゃないでしょうか」

■プレイボーイは私の青春の1ページ

83年、彼女は静かに芸能界を引退した。そして86年、中学生の頃に憧れていた幼なじみの先輩と結婚し、双子を出産。96年、子供と出演したクルマのCMを最後に公の場に姿を現していないが(関係者によれば、専業主婦として、トローリングガイドの会社を経営する夫とともに家族4人で幸せに暮らしているとか)、その人気は衰えるどころか、昨今、高まるばかり。過去に出した写真集や雑誌の切り抜き、ポスターはネットや古書店を中心に高値で取引されている。再び本末氏が話す。

「おそらく、今だからこそアグネス人気が高まる気がします。今回、発掘されたグラビアを見ても思いますが、彼女には“生”の素晴らしさがある。グラビアアイドルの意識が高まり、ポージングなどが洗練されすぎた今だからこそ、女性の肉体が本来的に持つ自然な美しさ、色っぽさが新鮮に映る。アグネス・ラムには、グラビア本来の根源的な魅力が詰まっている気がしますね」

96年、本誌の創刊30周年を記念してインタビューが実現し、「プレイボーイは私の青春の1ページでした」との言葉を残している。

創刊50周年を迎え、新たな誌面を模索するこのタイミングでグラビアの原点ともいうべきアグネスの写真を掲載する意味は小さくないはず。そして、未公開写真はまだまだ週プレの倉庫に眠っている。伝説の続きは、もしかしたらまたすぐに…?

◆『週刊プレイボーイ』44号(10月17日発売)では、異国の島からやってきた元祖グラビアクイーン、アグネス・ラムの完全未公開カットを掲載!

(取材・文/大野智己)

最終更新:10/18(火) 10:55

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。