ここから本文です

北川景子似なのに彼氏ナシ「職場での嫌がらせもヒドいんです…」

女子SPA! 10/17(月) 16:20配信

「もっと美人に生まれてたらモテ人生だったのにな…」そんな風に思ったことがある人は多いかもしれません。しかし、はたして本当に「美人=モテ」と直結するのでしょうか?

 9月に発表された国立社会保障・人口問題研究所の調査(※)で、18~34歳の独身男女のうち<交際相手なし>が男性69%、女性59%と、過去最高を記録しています。

 いまや普通になった<彼・彼女がいない>独身は、どんな人で、なぜいないのか、その恋愛歴や結婚観は? といったことを取材してみました。

◆3枚目キャラに開眼した女

 銀座のとある老舗カフェの中でも玲奈さん(仮名・33才 製薬会社MR)はひときわ美しかったのでした。

「北川景子に似ていると言われることはよくあります。あと変わったところではアンジェリーナジョリー。面白くないですか」

 仕立てのよいブラックのジャケットに細身の白いパンツ。バッグも靴も一目で良いものとわかるアイテムなのにわざとらしくなく上品に着こなす彼女は、ドラマに出てくるキャリアウーマンそのものといえます。

「次の組織編成で課長になることになりました。こういう言い方をすると、ムカつかれるんですけど仕事ができちゃうんですよ。好きか嫌いかは別にしてたぶん自分に仕事があっていたんだと思います」

 栗色のロングヘアもきちんと手入れされていて、メイクもなにもかもぬかりがありません。

「彼氏は4年前からいません。最後に付き合っていた彼氏は、大学の研究室が同じでそこからずっと付き合ってたんですけど、彼は食品メーカーの研究職で、北海道に転勤になっちゃったんです。ついていくかどうしようかを迷っているうちに時が経ち、破局となりました」

◆合コンで男性陣からのネガティブな決めつけ

 彼女は事実をただ淡々と話していきます。

「29歳で振られて、そこからまた恋愛を始めるのがすごく苦痛なんです。出会って、仲良くなって、付き合って、結婚を考えて…。そもそも恋愛体質じゃないから全てが面倒くさいんですよ」

 とはいうものの、その美貌で男が放っておかないんじゃないかと聞いてみました。

「逆ですよ。私も誘われて合コンとか行ったりしましたけど、好奇な目で見られるだけですね。なんで彼氏がいないのかとか。しまいには『理想が高い』『性格が悪い』『不倫をしている』『遊んでいる』とか散々言われ放題で誰も手を出して来ません。全くそんなことはないのに」

 玲奈さんは吹っ切れているのか、突然楽しそうに話し始めました。

「同期の女の子にBBQに誘われたんです。それで行ってみたら、自分以外全員彼氏とか夫とか子供連れで来てて、私だけ一人ですごく恥ずかしかったです。みんなカジュアルな格好で来てるのに、私だけキメキメな格好だったし。案の定『独身はお金も時間も自由でいいね』と言われました。地獄のキャンプ絵図ですよ。それでよくよく思い出して見たら、誘ってくれた同期の子の彼氏に昔、告白されたことがあって、こっぴどく振ったことを思い出しました。嫌がらせされたんでしょうね。

 でもなぜか、すごく吹っ切れて『休日は一人で飲んだくれて寝ています』って3枚目キャラでいってみたら、その場が異常に盛り上がりました」

 そして、そこで玲奈さんは味をしめてしまったのだといいます。

「今までは、なんか話しかけにくいとか言われて煙たがられてたんですが、彼氏がいない・乾いた私生活を送っている女としてみんなにネタにされるようになり、すごく話しかけられるようになりました。明らかに自分よりイケてない女子から上から目線でアドバイスされるたびに疑問は感じますが、まぁ、その場が楽しいのでいいです」

◆癒しは飼い猫と姉の子供

 そんな玲奈さんに彼氏が欲しいかどうかを聞いてみました。

「欲しいかと言われれば、まあ欲しいかなというレベルですね。でも、私=彼氏できないというキャラが、職場でも友達間でも浸透しすぎてしまっているので、当分彼氏は無理ですよね。部屋が汚いとか酒乱とか言われたい放題ですし。実際は違うんですよ。でも、もうその場が盛り上がってればいいかなと。合コンもかわいそうな私をなぐさめる的な感じで声がすごくかかるんですが、さすがに行っても疲れるだけなので行きません。」

 あっけらかんと話し、端正な顔を崩して笑います。

「もともと、大勢で話したりするのが苦手なんですよ。怒ってないのに機嫌悪そうと思われたり、黙ってれば性格悪そうと言われたり、いろいろ面倒なので、みんながいる場では吸いたくもないタバコを吸ってその場をやりすごしてました」

 今後について聞いてみると……

「仕事も軌道にのってきてますしね、当分彼氏も結婚もいいかな。最近の癒しは飼っている猫のマンチカンと姉の子供です。休みになるたびに姪と甥におもちゃや服を大量に買い込んで会いにいきます。結婚しても子供ができるかなんてこのご時世わからないですし、別に一人でも生活できるくらい稼いでいるのでもうこのままでいいかなと思います」

 最後に、男性がいなくて寂しくないのかとたずねてみました。

「もともと、彼氏がいても相談したり寂しさを埋めたりする感じではなかったですからね。ヨガに行ったり、部屋の掃除をしたり、本を読んだりやりたいようにやってます。ま、それでも満たされない時は部屋で一人お酒を飲んでます。リアルに乾いた生活になってきてますね」

※「第15回出生動向調査」。2015年6月に自計式調査を行い、回答者のうち18~34歳の独身の男女5276人が回答。交際相手がいない割合は、男性69.8%・女性59.1%だった。2010年調査と比べて、男性=8.4ポイント増、女性=9.6ポイント増と、急増している。

<TEXT/瀧戸詠未>

―シリーズ・急増する「恋人がいない」男女の肖像【7】―

女子SPA!

最終更新:10/17(月) 16:20

女子SPA!