ここから本文です

職場公認の彼と破局 失恋で部署の異動はできるのか

NIKKEI STYLE 10/18(火) 7:47配信

 こんにちは。社会保険労務士 佐佐木由美子です。長く会社に勤めていれば、人事異動の辞令を受けることもあるかもしれませんが、自ら異動を希望することはできるのでしょうか?

■社内恋愛の果てに

 通信機器メーカーに勤務する珠代さん(31歳)には、大きな悩みがありました。それは、2年近く結婚を前提にお付き合いしていた彼と最近別れたこと。しかも社内恋愛で、顔を合わせる機会も度々あるそうです。

 「まさか、別れるとは思ってもいませんでした。しかも、彼が別の人を好きになるだなんて! 会社に行くのがとても辛くて仕方ありません……」。彼とは職場でも公認の仲だったといいます。それだけに、どんな顔をして働いたらいいのかわからない、と珠代さんは落ち込んでいました。

 大人同士の恋愛は、プライベートなことですから、会社は関与しません。しかし、社内恋愛から職場トラブルに発展することも、ときとしてあり得るので、ケースバイケースで人事が対応する場面もあります。

 珠代さんは、もう二度と彼の顔を見たくないので、家から通勤できる範囲にある別の支店に異動することを思いつきました。人事部に事実を話して相談すれば、異動の希望をかなえてもらえるのでは? と淡い期待を抱いています。こうした場合、あなたならどう考えますか?

■配置転換の可能性は?

 人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」といいます。日本では長期雇用慣行のもと、労働ニーズの変動に対応するため、また従業員の能力開発のために、様々な業務や職場を経験させる配置転換が頻繁に行われています。

 誰をどこに配置するかについては、使用者の裁量に委ねられています。個別の従業員との間で勤務場所や職種について特約がない限り、使用者は配転命令を行う権利をもっています。ただし、業務上の必要性が存在しない場合や、他の不当な動機・目的があるときなどは、配転命令が権利の乱用とみなされることがありますので、何でも自由にできるというわけではありません。

 また、従業員の配置変更で就業の場所の変更を伴う場合は、子育てや家族の介護の状況に配慮しなければならないことになっています(育児・介護休業法第26条)。

 今回は、珠代さんの個人的な事情によって、配置転換を行ってもらいたいと希望するケースです。配置転換はあくまでも使用者側が命令権をもっていますので、労働者からの希望については、原則として応じる必要はありません。

 社内恋愛の破局という、精神的には大変辛い状況であったとしても、そうした個々人の事情まで会社がくみ取って事業運営を行うことまではできない、ということです。

 ただし、男女関係の終了にともなって、相手からセクシュアルハラスメントを受けたなどと主張されたときは別です。なかにはストーカー行為などが懸念される場合もあり、こうしたケースでは、配慮措置として速やかに配置転換を行うべきか、企業側も慎重な判断が求められます。

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 7:47

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。