ここから本文です

37年の生涯を読む   「ゴッホ、君は誰?」

オーヴォ 10/18(火) 12:19配信

 胸を撃った最期は、本当に自殺だったのか。こういう疑義は、有名人につきもの。誰もが知っている画家、フィンセント・ファン・ゴッホは、いったい何を考え、何を目指し、作品にどんな想いを込めたのか? 『Pen11月1日号「ゴッホ、君は誰?」』(CCCメディアハウス)が発売された。

 作品の原風景を求めて、オランダとフランスを訪ねる旅。弟テオや友人に綴った書簡の文章と、彼が実際に見たであろう風景、そして彼の絵筆が写しとった風景画で、ゴッホの生きた時代に思いを馳せる。また、真面目ながらも破天荒で、優しくも厳しく、悲しげであり朗らかで、孤独なのに他者とのつながりを大事にした複雑な人物像の解説、ゴッホにまつわるエピソードや謎にも迫る。いまなお議論を呼ぶ、「なぜ作品の署名に苗字“ゴッホ”を使わなかったのか」などについても、新旧さまざまな説を紹介しながら専門家が推理してくれる。

 実際にゴッホの絵を見たくなったら、美術館へ。現在、上野の東京都美術館で開催中の『ゴッホとゴーギャン展』の紹介ページも。

最終更新:10/18(火) 12:19

オーヴォ