ここから本文です

芸人のコンビ出演が激減 ピン芸人化が生き残る道に

NEWS ポストセブン 10/18(火) 7:00配信

 ここ最近、コンビでありながらピンでテレビ出演する芸人が増えている。なかには、漫才やコントなどのステージ以外で、コンビとしてほとんど見なくなった芸人もいる。そうした動きが加速しているのはなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 ピース・綾部祐二さんが来年4月からニューヨークで活動することを発表しました。コンビは解消しないものの事実上の活動休止であり、来年3月でレギュラー番組9本を降板することからも、本気のほどがうかがえます。

 綾部さんは渡米の理由として、「以前からハリウッドが夢で挑戦を決めていたが、来年40歳になるから」「先生(相方・又吉直樹さん)の芥川賞受賞が刺激になった」を挙げていましたが、その背景には芸人をとりまくテレビ業界の事情が垣間見えます。

 見逃せないのは、コンビ芸人の単独出演が年々増えていること。アンジャッシュ、博多華丸・大吉、ハライチ、オードリー、メイプル超合金など、年齢や芸歴を問わずコンビ芸人の単独出演が増えていますし、サバンナ・高橋茂雄さんや麒麟・川島明さんなどは情報番組のコメンテーターをそつなくこなしています。

 かつて制作サイドは「コンビで呼ぶのがセオリー」、芸能事務所も「まずはコンビで売れてから」と考え、双方とも「そのほうが持ち味を発揮できる」とみていましたが、現在は必ずしもそうとは言えません。

 特に現在のバラエティーは、放送時間よりも長く撮影したなかから、面白いコメントやボケ、ツッコミなどをダイジェスト版のように編集しています。短い言葉でテンポよく笑いを取れる芸人でなければ画面に映りにくく、その技量がなければ、いないのと同じ。「それなら話術と個性のある1人だけで十分」ということなのです。

 昨今、どのテレビ局も制作費の削減を迫られている上に、芸人の全体数は増える一方。制作サイドが「多くの候補から、話術と個性のある芸人のみをピックアップしよう」という買い手市場になっているのです。また、特番以外はネタ番組がなくなり、コンビでのテレビ出演機会が激減したという厳しい現実が、「単独出演で生きる道を探さなければ」という気持ちを高めています。

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 11:13

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。