ここから本文です

脳波でガチ証明!「なめらか仕上げのタオル」で家族のリラックス度をアップ

東京ウォーカー 10/18(火) 6:00配信

肌に触れる「布」は、快適さが重要。タオルは当然ふわふわが嬉しいし、トップスも肌触りのやさしい「とろみ素材」が快適。最近ではブラジャーも、ノンワイヤーでふんわりした着用感のものが人気傾向のよう。赤ちゃんの衣服となれば、ふんわりサラサラなダブルガーゼが定番中の定番。

【写真を見る】柔軟剤で「柔らかく滑らかな感触」が高められたタオル、を触るとα派が増えたんですって!



そんな布製品の感触がもたらす「快適性」をライオンが科学的に分析したところ、人が布に心地よさを感じるには「なめらかさ」が重要だということが判明したとか。やわらかな布に、特定のシリコーンを配合した柔軟仕上げ剤で「なめらかさ」をプラスすると、触れた時にリラックス効果がもたらされることが、なんと「脳波測定」で確認されたのだというからびっくり。



実験に参加したのは、20代から50代の女性22名。2種類の柔軟仕上げ剤で処理した綿タオルと未処理の綿タオルを触ったときの感触を主観で評価するとともに、脳波を測定するというもの。その結果、なめらかタオルを触ったときには、リラックスを示す「α派」が増えたといいます。



言葉で意志を伝えられない赤ちゃんの衣服はもちろん、家族が心地よく過ごすためにも、「ふんわりなめらか仕上げ」をうまく使いこなすことが大事なよう。よりリラックスした毎日を目指して「洗濯法」や「柔軟剤」を上手に使い分けてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/18(火) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。