ここから本文です

今年のクリスマスはバタークリームケーキで  イトーヨーカ堂もラインアップ

オーヴォ 10/18(火) 14:14配信

 「ケーキに使うのは生クリーム」と思っている人は時代遅れ? 最近になってバタークリームのおいしさが見直され、SNSなどでもちょっとしたブームに。今年は、おしゃれなバタークリームケーキでクリスマスを楽しむ人も増えそうだ。

 バタークリームは、バターに砂糖や卵白または卵黄を練り合わせ、空気を入れてかき混ぜクリーム状にしたもの。日本ではかつて「ケーキと言えばバタークリーム」と言うほど誕生日やクリスマスケーキの定番だったが、冷蔵・冷凍設備の普及などにより生クリームでデコレーションすることが容易になったため、いつしか忘れられた存在になった。

 しかし、バタークリームは今でも海外では人気。フランスでクリスマスを祝う時に食べるブッシュドノエルもバタークリームが使われ、ココアで着色したバタークリームでロールケーキの表面を覆い、フォークで引っかくように波型の筋を付ければ、まるで樹皮のようなデコレーションが完成。バターの香りや風味だけでなく、華やかなデコレーションも楽しめる。

 そんなバタークリーム人気に着目してイトーヨーカ堂は、「全員集合クリスマス!」をテーマにした2016年クリスマスのケーキとして、フランスの伝統的なバタークリームケーキ「ビストロ・エガリテ監修 ルージュフルール」をラインアップした。

 人気フランス料理店「ビストロ・エガリテ」の田中シェフが監修。爽やかなフランボワーズのクリームとピスタチオのクリームをダックワーズの生地でサンドした。パステルカラーの花のデコレーションはゴージャスで、思わず写真を撮りたくなるほどのフォトジェニックなケーキという。

 4~5人向けで店頭価格は4,968円(税込)。セブン&アイのインターネット通販サイト「オムニ7」か、全国184店のイトーヨーカドー店頭で予約を受け付けている。今年のクリスマスは、おしゃれなバタークリームケーキで楽しんではいかが?

最終更新:10/18(火) 14:57

オーヴォ