ここから本文です

元カープ・小林敦司 頭部死球を与えた清原和博への感謝

NEWS ポストセブン 10/18(火) 16:00配信

 広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を飾った。かつての鯉戦士たちは、その姿をどう見たのか? 第2の人生を歩む往年の選手を訪ねた。

 25年前、広島に入団した小林敦司(1991年~2000年)は東京・代官山で『2-3Cafe Dining』を経営している。2001年の引退後、東京・赤坂で料亭を営む父親の元で跡継ぎになるための修業を始めたが、考え方の違いから身を引いた。

 その後、縁もゆかりもないケーキ店に直接電話。職歴に「広島東洋カープ」と書いた履歴書を持参して、時給850円で初めてのアルバイトを始めた。30人ほどの職場で、男性は3人のみ。若い女性社員に呼び捨てにされ、毎日のように罵倒された。手の洗い方1つでも注意される日々が4年半も続いた。

「イラッとしたこともありますけど、やるしかないと思った。ケーキ屋で野球をするわけじゃないですから」

 イタリアンレストランやカフェなどでも経験を積み、約10年に及ぶ下積みを経て、2011年にチーズケーキが売りの店を開く。3年前には、現役時代に頭に死球をぶつけてしまった清原和博がテレビの企画で店を訪れた。危険球退場の翌日に謝罪に行って以来、言葉を交わすのは2度目だった。

「その後も、清原さんは番組への差し入れ用に頻繁に買いに来てくれました。僕は感謝の気持ちしかないです」

 今年の休日は、正月と台風直撃の計3日だけ。旅行に出かけることもない。

「楽しいからずっと働いています。いずれ、ハワイにお店を出すのが夢です」
(敬称略)

撮影■藤岡雅樹 取材・文■岡野誠

※週刊ポスト2016年10月28日号

最終更新:10/18(火) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。