ここから本文です

モミジ色に染まる名庭!天龍寺塔頭 宝厳院の紅葉ライトアップ

東京ウォーカー 10/18(火) 17:08配信

■ 巨岩と紅葉を照らす嵐山屈指の秋景色を!

室町幕府の管領・細川頼之が聖仲永光を迎え創建した「天龍寺塔頭 宝厳院」。春と秋にだけ特別に一般公開されている、嵐山でも屈指の紅葉スポットで、約700基のライトで回遊式庭園、獅子吼の庭が照らし出される。また、路地行灯がともる参道の紅葉もライトアップされるので、迫力満点の庭園と共に幻想的な紅葉が楽しめる。

【写真を見る】三尊石の上を彩る紅葉が神秘的!

宝厳院の紅葉ライトアップを巡るベストコース<1~3>には、「獅子吼の庭」の美しく照らし出される、巨石が配されたダイナミックな庭園と紅葉をゆっくりと眺められたり、帰りには庭園と同じくらい美しい参道の紅葉もある。通路が少し狭く混雑するので、ゆっくりと歩きながら美景を堪能しよう!

■ <1>三尊石

獅子の咆哮に諭され、苦海を渡って釈迦如来のもとに説法を拝聴しに行く獣を表している。三尊石の上を彩る紅葉が神秘的!

■ <2>獅子吼の庭

回遊式枯山水庭園は策彦禅師作で、広大な敷地がライトアップされた紅葉で埋まり別世界。秋色に染まる書院の美しさにも注目!

■ <3>参道

路地行灯が優しくともる山門から出口の参道では、紅葉のトンネルを楽しめる。両わきから頭上を秋色に染める紅葉の並木道を歩こう!

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:10/18(火) 17:08

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016