ここから本文です

「7分間の奇跡」新幹線の車内清掃がまさに神業!海外から賞賛の嵐の理由とは!?

BEST TIMES 10/18(火) 6:00配信

日本の美点を振り返ろう!! そんなコンセプトで世界から絶賛されている、知っている様で知らない、日本の食・技術・カルチャー・経済を紹介する『世界が絶賛する日本 われわれが知らない進化する真価』(Japan's best編集部:編)絶賛発売中。今回は本書の中でも世界を変える日本の技術を紹介します。! 

「新幹線劇場」ともいわれる車内清掃!! 

   東北・上越・北陸・北海道新幹線などが発着するJR東日本の東京駅で、日本人からは「すごい!」「神業!」、外国人から「ソークール!」と賞賛され、毎日行われているのが新幹線の車内清掃です。

    折り返し時間は12分。降車に2分、乗車に3分かかるので、清掃に費やせる時間はわずか7分間。

    この7分間に清掃員たちが完璧な清掃を行い、それはまるでパフォーマンスを見るかのようで「新幹線劇場」ともいわれています。

 主人公はJR東日本テクニカルハートTESSEI(テッセイ)の車内清掃スタッフたちです。
   1チーム22人。
 

  1両約100席のゴミをかき集め、座席の進行方向を変えると同時に座席のテーブルをすべて拭き、窓のブラインドを上げ、窓枠も拭き、汚れた枕カバーを交換します。
    もちろんトイレも清掃し、どんなに汚れがひどくても、7分間できれいな状態に戻します。
    終了するとスタッフがホームにずらりと整列し、一礼をします。ときには、乗客たちから拍手がわき起こることもあります。
    テッセイのスタッフは礼を欠かしません。列車の入線前にホームに整列し、列車が到着すると深々と一礼して乗客を迎えます。
   降車する乗客には「お疲れさまでした」「ありがとうございました」とやさしく声をかけます。
   作業終了後の一礼では、ホームで乗車を待つ乗客へ「お待たせしました」と礼を尽くします。

 これは「お客さまに気持ちよく新幹線をご利用いただいてほしい」というスタッフ一同の気持ちの表れです。

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 6:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。